【Aiの旅日記 #10】オーストラリアのワーホリの思い出【バンダバーグ到着・ファーム編】

❀2020/8/30(日)❀

みなさんこんにちは。

アイ(10to1_travel)です。

どんどん書きたいことが出てきてしまうので、今回も長いですがお付き合いくださーい♡

ファームの始まり

バンダバーグ

ゴールドコーストでのホームステイも終わりいよいよワーホリ生の課題、

ファーム生活の始まりです!

電車に揺られて約6時間、ビルの沢山あった窓の景色がどんどん緑色に変わっていく。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はBundaberg(バンダバーグ)とBrisbane(ブリスベン)間の行き方と、交通手段の比較を紹介します。 バンダバーグに行く日本人の9割はセカンドビザ[…]

やっと、午後3時半にバンダバーグというファームで有名な土地へ到着しました!!

THE!田舎。

駅にはファームのボスが迎えにきていて、

見た目が熊のような大きなトルコ人の男性がヒッチハイクみたいに”Japan Boy Girl”って書いたボードを持って立っていました。

初めましての挨拶をして車に向かったんだけど、

実はこのシーン、そのボスがもちろん私達の顔見たことないから、たまたま同じ電車に乗り合わせていて先に降りたアジア人カップルを引き止めていたんです…笑

彼らしいというか、なんというか。。

外国の人からみたらアジア人の見分けがつかないのは分かるけど、
それ以外の理由が、彼が英語が苦手なのと、強引な性格だから…笑

良い人だし、仕事に対しては素晴らしいほどの職人さんなんだけど、

とにかく「クセが強い!」

(´(ェ)`)!!!笑笑

そんな彼と、インスタにも書いたニュージーランドのおじいちゃんが一緒に迎えに来てくれたもんだから初対面なのに弾丸マシーンのように喋る喋る!

あの時は緊張でそんなことすらも普通のことに思えたけど、今思い返すと良い思い出というか、笑えてしまう(≧▽≦)

まぁそれは置いといて…

早速シェアハウスに向かいます!

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。   バンダバーグと言えばオーストラリアでも有名なファームの街ですね。 セカンドビザの取得のために多くのワーホリ生がファーム生活を経験しにきます。  […]

初めてのシェアハウスとファームの仕事!

私達の住む家は全員日本人で男性2人、女性4人の家でした。

もちろんニュージーランドのおじいちゃんも一緒です。笑

緊張していたけど、皆んなとても親切にしてくれたので安心しました♪

色々説明を受けて、準備万端で明日の仕事の予定を聞くと…

起床は朝4時!
仕事が5時スタートって!!

早すぎるーーーー!笑

日が昇ってくると暑くなって仕事が出来ず、危険だからという理由らしい。

それにしても、もう一度言うけど
早すぎるーーーーーー。

慣れるしかないですよね。

肝心の野菜はというとトマト、ズッキーニ、カプシカムをメインで収穫するそうです。

翌日からスタートするのでその日から夜9時には必ずベッドに入り次の日に備えることにしました。

・・・・・

そして翌日の朝?夜中?

「♪〜♪〜♪〜」アラーム音

ね、眠い………( ̄- ̄)

無理やり体を起こしてさぁ準備。

ファーム
ファーム着で記念撮影(am4:00)
関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでファームジョブをするときに必要な服装や、あると便利な物を紹介します。 みなさんは恐らくセカンドビザ目的や、稼ぐため、もしくはファームジョブ[…]

ファームジョブでいる物リスト

案の定、外は真っ暗。

暗い道を車で30分ほど走ると広大に広がるファーム地帯が見えてきました。

日本では体験した事のない空気感。
星はプラネタリウム並みに綺麗で天の川まで見える。

綺麗〜〜〜

そんな大自然の中で
さぁいよいよスタート!!!!!

やるしかない!!

ここらからがまた山あり谷ありなんです。笑

この続きは次回『体育会系なファームライフ編』で!