新たな発見!オーストラリアのカンガルーは大きさで種類が違う!?

みなさんこんにちは。

旅で生きてるJonyとAi(@10to1_travel)です。

誰もが知っていることですが、カンガルーと言えばオーストラリアのシンボル的な動物ですよね。

二足歩行でぴょんぴょん跳びながら移動する様子はとても可愛く、オーストラリアでは野生でも見ることができます。

しかし!

あなたが見ているそのカンガルー、本当にカンガルーですか!?

私たちは驚きました!

なんと私たちが普段見ていたカンガルーは本物のカンガルーじゃなかったんです!

そこで今回はオーストラリアにいるカンガルーの種類や名前を調査&報告の記事です!

私たちはオーストラリアのバンダバーグと言うファーム地帯に在住3年目で、ほぼ毎日野生のカンガルーを見ます。

なのでカンガルーについては詳しく知っておきたいと思い本記事を書くに至りました。

それでは見ていきましょう。

オーストラリアのカンガルーについて

カンガルーは英語でkangarooと書きます。

呼び方は同じですね。

動物の種類としては有袋類(ゆうたいるい)と言います。

私たちは初めこの有袋類が読めなかったんですが、字のままお腹に袋を持つ動物のことで、カンガルーの他にもコアラ・タスマニアンデビル・ウォンバットなどオーストラリアの大御所はほとんど有袋類なんです。

オーストラリアではカンガルーはシンボル的な存在でその存在感はコアラに匹敵します。

オーストラリア航空のカンタスのロゴもカンガルーをモチーフにデザインされています。

カンガルーはオーストラリアの生活でとても身近な存在です。

オーストラリアでカンガルーは駆除されている?

ですが、実はやや深刻な話もありまして、オーストラリアではカンガルーが増えすぎて場所によっては駆除している地域もあるんです。

その数なんとオーストラリア人口の約2倍!

増えに増えてますね。。。

今それが深刻な問題になっているらしく、国も頭を抱えてるそうです。

普段から可愛いと思って見ていただけにそんな現状があるなんて全く知りませんでした。

オーストラリアではカンガルーを食べる

ちなみに衝撃の事実かもしれませんが、オーストラリアではカンガルーを食べます笑

初めてこの事実を知った時、とてもショックでした。

本当にびっくりしましたね。

しかもなんとそれは田舎や一部の地域だけでなく全域でそうで、普通にスーパーで売ってます。カンガルーの肉。

実はJonyが一度カンガルーの肉に挑戦したことがあります。

味は正直分かりません。

っと言うのも愛着が湧いてるだけに口にしてもあまり味わう気になれませんでした。

Jony的にはあまりおすすめしません笑

オーストラリアのカンガルーの種類 一覧

少し話が剃れましたがここからオーストラリアのカンガルーの種類を紹介します!

私たちは大きいカンガルーが大人、小さいカンガルーはメスもしくは子どもだと思ってたんですがそれが違ったんです!!

それでは見ていきましょう。

Red Kangaroo(赤カンガルー)

Red Kangaroo(赤カンガルー)

【撮影場所】ゴールドコースト/カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリより

まずは一番大きい種類のRed Kangaroo(赤カンガルー)の紹介です。

顔が憎たらしい。。。笑

赤カンガルーは地球上で最も大きい有袋類で、体長はだいたい2mほどです。

その巨体と筋肉から繰り出されるパンチとキックはとても強く、もし動物のK-1グランプリがあったら間違いなく優勝候補ですね。

ジャンプ力は上のモンタージュで分かるとおりなんと8mも跳びます。

えげつないですよねw

しかし冗談抜きで出会すとやや危険で、野生で出会ったらとりあえず逃げましょう。

Eastern Gray Kangaroo(大カンガルー)

Eastern Gray Kangaroo(大カンガルー)

【撮影場所】ゴールドコースト/カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリより

次いで大きな種類のEastern Gray Kangaroo(大カンガルー)の紹介です。

いや、こいつで大きかったら上のマッチョどうなんねんって話ですよね笑

体調は1.5mでマッチョよりやや小さいです。

この大カンガルーが私たちはメスのカンガルーだと思ってたやつです。
上のマッチョがオスで。

この大カンガルーはオーストラリアで食用とされていて、肉は海外にも輸出されていますし、毛皮も高く売られています。

はい、Jonyは恐らくこのカンガルーの肉を食べました笑

オーストラリアの代表的なカンガルーですね!

ジャンプ力はなんと6m!

Macropus Antilopinus(赤ワラルー)

こちらはワラビーとカンガルーの間くらいの大きさのMacropus Antilopinus(赤ワラルー)と言う種類です。

ワラビーとカンガルーワラルーって絶対に禁断の恋ですよね。

絶対に一線を超えてしまった結果ですよね笑

赤ワラルーはオーストラリアの北の方に分布していますので会いたい方はノーザンテリトリーあたりに行きましょう!

Swamp Wallaby(沼ワラビー)

Swamp Wallaby(沼ワラビー)

Swamp Wallaby(沼ワラビー)は体長1mの小さな種類のカンガルーです。

ここら辺が私たちは子どもだと思っていたやつです。

しかし全く種類が違ったんですね!

この子はとても可愛いんですが、ウィキペディアでも紹介されている通り沼地に多く生息してることもあり臭いです笑

ウィキペディアに臭いって言われたらこれはもう動かぬ事実ですよね笑

ちなみにジャンプしたら3mくらい飛ぶのでこれくらいなら勝てそうですね!

Red Legged Pademelon(アカアシヤブワラビー)

Red Legged Pademelon(アカアシヤブワラビー)

【撮影場所】キュランダ コアラガーデンズより

Red Legged Pademelon(アカアシヤブワラビー)は体長50cmのめちゃくちゃ小さい種類のカンガルーです。

可愛いの一言!

ちっちゃくて落ち葉などを食べ、あまり群れないそうです。

でも熱帯地域に生息しているらしく野生ではほとんど見れないんですよね!

私たちはオーストラリア一周中に何回か見ました!

オーストラリアは日常で色んな種類のカンガルーを見れる

オーストラリアでは色んな種類の野生のカンガルーは頻繁に見ることができます。

私たちの住んでるバンダバーグでも毎日その辺をウロウロしています。

まあとは言っても旅行で野生を見ようと思うとそれなりの条件や場所を特定してピンポイントで探す必要があるので難しいと思いますが。

その場合は動物園で放飼されているカンガルーと触れ合うだけでもかなりの思い出になるのでおすすめですよ♪

カンガルーに触れられる動物園

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 ゴールドコーストに旅行で来たら行きたいところややりたいことっていっぱいありますよね? サーファーの楽園のビーチや、南国の街でショッピングも良[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 オーストラリア在住3年目のJonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリア・ケアンズのキュランダにあるコアラ・ガーデンズについて紹介します。 コアラ・ガーデンズは”コアラを抱っ[…]

車の運転時はカンガルーに注意!

旅行でレンタカーやワーホリで車の購入を考えている人に注意なんですが、オーストラリアではカンガルーが車の前に飛び出してくる事故が頻繁に起こっています。

理由はカンガルーは車のライトに寄ってくる傾向があるらしく、夜道を運転してると急に飛び出てきてクラッシュします。

なのでオーストラリアの道路の脇にはカンガルーの死骸がたくさん横たわっています。

カンガルーと言えど人間と同じ大きさと重量なのでクラッシュしてしまうと車はバコバコに凹み廃車になることもよくあります。

カンガルーにクラッシュしても車を守為の”カンガルーバー”と言う車のフロントに付ける装置があるほどです。

なんとなんと車の保険にも”カンガルー保険”があるほどです!

それくらいカンガルーが飛び出してくるので、夜間の運転はなるべく避けましょう。

オーストラリアの人もそれを知っているので夜間の運転は控えています。

オーストラリアには色んな種類のカンガルーがいる

本日はオーストラリアのカンガルーについて紹介しました。

どうです?

大きさによって種類が違うのびっくりしましたよね!

みなさんもオーストラリアに旅行に来られた際はカンガルーとコアラは必ず見ておきましょう!

カンガルーとコアラを見ないのはディスニーランドでミッキーとミニーに会わずに帰るのと同じですよ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

他にもオーストラリアについて記事を書いているのでそちらもご覧ください。