【ワーホリ生 必見】オーストラリアの携帯 会社と格安 SIM

みなさんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

本記事はこれからオーストラリアにワーキングホリデーで来るあるいは長期滞在する予定の人向けに書いています。

読者の悩み

  • オーストラリアで生活する際、携帯電話はどうするの?
  • SIMカードはどの会社と契約すれば良いの?
  • 手続きはどうするの?
  • おすすめの携帯会社のSIMカードが知りたい!

そんなあなたに本日はおすすめの携帯会社とSIMカードを紹介します。

私たちは3年前にワーキングホリデーでオーストラリアに来ました。

右も左も分からない状態で日本のエージェントに言われるままSIMカードを契約したんですが、後から調べるとそのエージェントのSIMカードは普通に高く、自分たちで英語でオーストラリアのSIMを契約しました(そのエージェントのSIMは1ヶ月49ドルで月7GBくらい。高い!!)

※騙されたのではなくて、ただ私たちが知識不足でした。

みなさんにはオーストラリアで快適に携帯を使って欲しいので、本記事でシェアしたいと思います!

オーストラリアの携帯 会社

オーストラリアの回線は日本と同様に色んな携帯会社のネットワークを使用して通信を行います。

回線は主にTelstra(テルストラ)と言う会社がメインです。

いくつか携帯会社があるのですが、その会社ごとにプリペイドプランが設けられています。

日本のようにパケット放題などのプランやEメールは存在せず、SMS(ショートメール)が支流ですね。

なので、オーストラリアでEメールを使用する場合はGmailやYhaooメールなどのブラウザのメールを使用することをおすすめします!

つまりオーストラリアではSIMのプリペイドプランが支流です。

ちなみにどのプリペイドプランでも基本的に電話やSMSは無制限な物が多いです。

そしてこれはなぜか知りませんが、どのキャリアも28日プランです。

日本のように毎月/30日ではなく、28日ごとのプランになっているのでひと月で日数を計算しているとたまに更新日を過ぎてしまって通信が止まってしまうことがあります。

なぜなんでしょうね笑

後、これもちょっと個人的に不思議なんですが、オーストラリアの携帯会社はプリペイドプランがぽんぽん変動します笑

毎月プランを更新する時に「あれ?先月この値段でこのGB数だったのに変わってる」なんてことが多々あります。

これから各会社のプリペイドプランを紹介しますが、恐らく変動するので、正確なプランはウェブサイトをご覧ください。

どうやって携帯 電話を手にいれるの?

携帯電話の入手方法は大きく分けて2つです。

  1. 現地で調達
  2. 日本からSIMフリーのケータイを持ってくる

現地で調達

現地で調達する場合は携帯会社でプリペイドSIMと一緒に購入する方法です。

英語ができないとちょっとてこずりますが、そんなに難しくはありません。

ただ、日本と違って品揃えが豊富ではないので、選べる機種は限られて来ます。

日本からSIMフリーの携帯 電話を持ってくる

日本でSIMフリーのケータイを購入して、それをそのままオーストラリアで使用する方法です。

私たちはこちらをおすすめします。

日本なら種類も豊富ですし、使い慣れていますし日本に帰ってもそのまま使用できます。

それに通貨レートがあるので当然ですが、体幹的にオーストラリアで購入した方が値段が高く感じます笑

事前に購入しておくことによって、オーストラリアではSIMカードを契約するだけなので英語が苦手でも簡単に手続きをすることができます。

日本から海外用Wi-Fiを契約してくる必要はない

日本にはイモトのWiFi海外レンタルなどのコスパの高いモバイルWi-Fiルーターの貸し出しサービスなどがありますね。

確かに便利なのですが、長期滞在にはあまり向きません。

値段も高いですし、オーストラリアには至る所にフリーWi-Fiが飛んでいるので、正直そこまで困ることはありません。

オーストラリアに3泊4日程度の旅行や、色んな国を訪れるのにいちいちSIMカードを契約してられない時などに利用するのがおすすめですね。

オーストラリアの主な携帯 会社

オーストラリアには大きく分けて3つの大手キャリアがあります。

Telstra(テルストラ)、Optus(オプタス)、Vodafone(ヴォーダフォン)です。

それぞれにプリペイドプランがあるので解説していきますね!

Telstra(テルストラ)

簡易紹介

  • オーストラリア最大のキャリアでサービスが安定している
  • どこでも繋がりやすいので、ストレスフリー
  • 街中のWi-Fiホットスポットが利用できる
  • 他のキャリアに比べて料金がやや高い

テルストラはオーストラリアで最も市場を占めている会社です。

オプタスもヴォーダフォンもこのテルストラの回線を借りて通信しています。

オーストラリアの国民のほとんどが使用していて、安定の会社です。

通信もしっかり繋がり、色んなエリアに張り巡らされているテルストラのWi-Fiホットスポットも月100GBまで使用可能です。

当然ですが、国内通話・テキストは無制限です。

ですが、他のキャリアに比べやや値段が高いのがネックです。

Telstra主なプリペイドプラン

  • $20/35GB
  • $30/25GB
  • $150/60GB ※
  • $300/150GB ※

※この$150と$300のプランは年間契約です。

つまり、6ヶ月分先行契約して$150を支払えば毎月60GB使えるプランと言うことです。

1ヶ月あたり$25で60GBなのでかなりお得ですよね!

1年の契約は1年分の$300を支払ってこのプランを利用すればなんと毎月150GBも使えます!

月割り$25で150GBなので化物プランですよね。

このプランはオーストラリアに6ヶ月〜1年滞在するワーホリ生や学生におすすめのプランです。

Optus(オプタス)

簡易紹介

  • プランが豊富で自分の好みに選びやすい
  • 山の中やファームなどの場所でやや電波が悪い
  • 比較的料金が安いのでおすすめ
  • プランの変更頻度が多い

オプタスは私たちが利用しているキャリアです。

テルストラの回線を借りて通信しているので、テルストラの劣化版って感じですが、通信は普通に繋がります。

流石にオーストラリア一周をした時は山の中や町から離れた場所では通信は悪かったですが、さほど困ったことはありませんでした。

オプタスはその豊富なプランが魅力で、時にテルストラより安く、テルストラよりデータ通信量が多いときもあります。

そしてデータのロールオーバー(データ繰り越し)が最大50GBまでできるので、余ってしまったデータを無駄にすることなく利用できます。

テルストラ同様6ヶ月縛りや1年契約のプランもありますが、時期によって内容が変動しやすいので詳しくはウェブサイトを参照ください。

Optus主なプリペイドプラン

  • $30/10GB
  • $40/20GB
  • $50/30GB
  • $60/40GB
  • $70/45GB
  • $80/50GB
  • $100/60GB
  • $180/100GB ※

※ こちらも上記と同様に1年契約での料金です。

テルストラに比べるとかなり安いのが分かりますね。

Vodafone(ボーダフォン)

簡易紹介

  • データ量を超えても止まらない
  • 契約月日数が28日ではなく35日のプランがある
  • 値段が安い
  • プランが少ない
  • 店舗の数が少ない

日本の旧ソフトバンクですね。

オーストラリアではバリバリ現役です笑

値段もプランも上記の2社にはかないませんが、強いて言うならオーストラリア航空のカンタスポイントが貯まります。

あとは、データ上限を超えると低速になるだけで他の二つとは違いデータが止まることはありません。

Vodafone主なプリペイドプラン

  • $30/35GB
  • $40/45GB
  • $50/55GB

私たちのおすすめ携帯 会社と格安 SIM

総合的に見て私たちのおすすめはOptus(オプタス)です。

電波も問題なく繋がりますし、プランも安いです。

ワーホリ生にはおすすめですね!

どうしても電波を重視するならTelstra(テルストラ)一択でしょう。

どちらにしても、もしオーストラリアに半年〜1年いる予定なら1年パックのプランが完全におすすめです。

長い目で見てかなりの節約とデータ量です。

格安 SIMの手続きの方法

SIMカード自体は空港内や大手スーパーマーケットでも普通に売っています。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアの大手スーパーマーケットを4店ご紹介します。 プラス、日本との違いやスーパーマーケットの節約術なんかも紹介しますね! なの[…]

しかし、そこでSIMカードを購入して終わりではありません。

そのSIMカードを持って各店舗に行って回線の契約をする必要があります。

ただ、英語が苦手でもそんなに難しくはありませんでした。

私たちでもできたので大丈夫です!

SIM契約の流れ

  1. まず希望の会社とプランのSIMカードを購入する
  2. 店舗に持っていきスタッフにそのプランを利用したいと言って購入したSIMカードを渡す
  3. 恐らくプリペイドプランとは別にSIMカード代$2あたりを支払う
  4. 契約用紙に必要事項を記載する
  5. ケータイにSIMカードを差込み、動作確認で完了!

購入する場所は空港でもスーパーでも店舗で直接でも大丈夫です。

そのプランを使いたいと伝えれば店員さんが勝手に手続きしてくれます笑

私たちが使った英文

I want to use this plan .(私はこのプランを使いたい)

。。。ね?笑

大事なのは伝える気持ちです笑

住所などを聞かれたり、書いてと聞かれてもしまだはっきりとした住所が決まってないなら、それを伝えればオッケーです。

ちなみに私たちがその時使った英文がこちら

私たちが使った英文

We dont have a address yet .(私たちはまだ住所がありません)

ね?笑

だいたい空気を読んでくれますよ笑

ただ、私たちの場合はその後に動作確認をするためにガイダンスに電話する必要があり、そこで確認ができたらケータイが使えるって手順でした。

そのガイダンスで英語で話す必要はなく、繋がるかどうかの電話なので心配しなくても大丈夫です。

ただ、そこでつながらなかったり、うまく手続きができなかったら素直に店舗に戻り、できないことを伝えましょう。

Aiの方が上手くいかず、その時すぐに店舗に戻りました。

私たちがその時使った英文がこちら笑

私たちが使った英文

It doesn’t work . Could you check for me ?(これ動いてません。私の為にチェックしてくれますか?)

ど素人代表です笑

でもそれでやってくれたので一安心です。

以上で契約は終わりです。

簡単ですよね!笑

おすすめのSIMフリーの携帯を紹介

最後に日本から持っていくと良いおすすめのSIMフリーのケータイ機種を紹介しておきますね!

iPhone

まあ当たり前ですが、iPhoneですね。

ただ、高価なケータイ電話なだけあって盗まれる可能性があるので、そこは気をつけてください。

Google PIXEL

安いのにハイコスパで大人気ですよね。
Android派ならおすすめです!

SAMSUNG Galaxy

こちらもオーストラリアでは人気です♪

Xiaomi

ちょっと最近は中国の情報漏洩問題などもあり、人気が落ちつつありますが、リーズナブルでかなり良い動きをしてくれます。

Huawei

Huaweiも上記と同じですがオーストラリアではかなり人気です。
ちなみに私たちは2人ともHuaweiユーザーですが、かなり気に入ってます。
おすすめですよ!!

オーストラリアの携帯 会社と格安 SIMまとめ

本日はオーストラリアの携帯会社やSIMカード・手続き方法を紹介しました。

これからオーストラリアにワーホリや長期旅行しにくる予定の人はぜひ本記事を参考にして楽しいオーストラリアライフを堪能してくださいね♪

最後まで読んでいただきありがとうございます!