IFTTTで簡単!Instagramを画像付きでTwitterに連携する方法!

みなさんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

今回はTwitterにInstagramを写真付きでシェアする連携方法を紹介します。

みなさんもInstagramの投稿をTwitterに写真付きでシェアしたいと思いませんか?
Instagramからシェアすれば良いですが、それだとTwitterにはURLしか表示されませんよね。

それだとそのリンクにアクセスしないと画像や動画の内容が見れないので拡散率が弱くなってしまってSEOにも響きます。

そんな悩みに本日はお答えします。

私たちも実際このやり方で拡散率を上げています。
それではみていきましょう!

IFTTTでInstagramを画像付きでTwitterに連携する方法!

今回の記事で紹介するのはこのIFTTT(イフト)です。

IFTTTとは、Webサービスの利用や、ユーザーの行動を引き金にして自動的に動作してくれるサービスです。

このIFTTTを利用すればInstagramとTwitterを連携させることができます。

IFTTT公式サイト

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

InstagramとTwitterを連携する方法

手順は簡単なのでみていきましょう!

  1. IFTTTにサインアップ
  2. アプレットを探す
  3. アプレットを有効にする

10分で終わります。

IFTTTにサインアップ

まずはIFTTTにサインアップします。
PCサイトでもアプリでも好みのものを選んで下さい。

IFTTTは英語表記ですが、とても簡単な英語なのでサインアップはすぐできるでしょう。

FacebookかGoogleアカウントをお持ちの場合はそれでそのアカウントを認証することによって登録作業をスキップすることができます。

アプレットを探す

まず左上のサーチボタンをクリックして下さい。
スマホ等の場合は虫眼鏡のマークをタップしましょう。

そして「Instagram Twitter」と入力しましょう。

※もし英語が分からないのであれば「インスタグラム ツイッター」と入力して下さい。

このサイトは英語表記ですが、日本語対応もしているので安心して下さい。

そうするといくつかのアプレットが出てきます。

と言ってもInstagramとTwitterのアプレットはほとんど同じ『Instagramの投稿をTwitterで写真付きでツイートする』と言う様な内容しかありません。

なので評価が高いものを選びましょう。

アプレットを有効にする

好みのアプレットを選ぶと「Connect」もしくは「Turn On」と言うスライドボタンが出てくるのでタップしましょう。

そうするとInstagramとTwitterへの連携の許可が求められるので許可をして設定は完了です。

※バージョンなどにもよりますが、ここでInstagramとTwitterのアカウント認証が行われる場合もあるのでそのまま画面に従ってアカウントをサインインして下さい。

アプリと同じアカウントIDとパスワードを記入するだけなので簡単です。

まとめ

以上で作業は終了です。とても簡単ですね。

実際Instagramを投稿するとTwitterにツイートされるまでに若干時差があるようです。

連携に多少の時間がかかっているだけだと思うので、その場合も焦らず待ちましょう。

変にIFTTTを再起動したり、アプレットを取り直したりするとかえっておかしくなってしまう可能性もあります。

もし数時間経っても動きがない場合は再度IFTTTに入り、別のアプレットを試してみて下さい。

これでInstagramとTwitterの連携そして写真付きでツイートの完了です。

最後まで読んでいただきありがとうございます!