間違ったタグは損をする!インスタグラムの正しいハッシュタグの付け方

みなさんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

今回はInstagramのフォロワーが増えるハッシュタグのおすすめの付け方を紹介します。

みなさんハッシュタグをちゃんと上手く設置できてますか?

僕たちも最初は写真に関連しているハッシュタグを人気順に設置して行ったりしているだけでした。

しかし、この方法にしてから1回の投稿でハッシュタグからの流入が10倍になりました。

びっくりですね笑

決して爆発的にフォロワーが増えると言うわけではありませんが、フォロワーを増やすには露出を増やして人の目に止まる必要があります。

なのでハッシュタグはInstagramにおいてとても重要なんですね。

それでは早速いきましょう!

インスタグラムのハッシュタグとは?

ハッシュタグ(#)とは写真を投稿する際のテキスト部分に入力する、「#」のことで、その投稿をキーワードでカテゴリ化したものです。

例えば、猫の写真なら「#猫」や「#cat」、海の写真なら「#海」や「#ビーチ」など、その写真に関係したキーワードを埋め込みます。

つまり、ハッシュタグとはその写真の内容を表したり、そのユーザーの趣味や伝えたいことをキーワードで表現したものです。

これはTwitterやFacebookなどほとんどのSNSで共通しているものです。

しかし、TwitterやFacebookなどではだいたい2〜3個がベストだと言われている中、Instagramは最大30個まで付けることができる程ハッシュタグにかなり重点を置いています。

なのでそのハッシュタグをきちんと設置することで自分の投稿をより多くの人に見てもらえます。

インスタグラムで間違ったハッシュタグの付け方

まず最初に間違った、もしくは良くない、あまり意味がないハッシュタグの付け方を紹介します。

  1. 写真とキーワードが一致していない
  2. 30個いっぱいいっぱいに付けまくる
  3. ハッシュタグがビッグワードすぎる

一つ一つ深掘りしていきますね。

写真とキーワードが一致していない

投稿した写真と入力したハッシュタグが一致していないとイイねもフォローもしてくれません。

むしろ不快に感じてもう見てくれなくなってしまう可能性もあります。

猫の写真に「#犬」と付けたら犬好きな人に嫌われます。
犬の写真を見たいのに猫の写真が出てきますからね。

ハッシュタグはその写真を表すワードで、ユーザーはそのキーワード関連の写真を見たがります。

なので、人気のワードやトレンドワードと言うだけで、写真に不一致のハッシュタグを付けるとかえってマイナスになります。

ハッシュタグは写真に適したものをしっかり設置しましょう。

30個いっぱいっぱいの付けまくる

これは初心者の方に多い失敗なのですが、写真のテキスト欄にハッシュタグぎっしりのやつですね。

決してダメなわけではありません。

ただ、人間心理的にハッシュタグが多いと「必死だなー」とか「暑苦しい」とか「ガチ過ぎて引く…。」などと思われてしまってその投稿から離脱されてしまう傾向にあるそうです。

Instagramのベストな数は11個と言う研究結果が最近出されました。

11個が一番エンゲージメント(反応)が多いらしいですね。

だからと言って決して11個出なくてはいけないわけではありません。

僕たちも伝えたいことが多過ぎて30個付ける時もあります。

ただ、闇雲に30個付けても鬱陶しがられるだけなので、10個以上20個未満を目標にしてみても良いかもしれませんね。

ハッシュタグがビッグワードすぎる

これも勘違いしがちな失敗ですが、ハッシュタグには、

  • ビッグワード(多くのユーザーが使用している超人気定番ワード)
  • ミドルワード(普段そこそこ使われている人気ワード)
  • スモールワード(ジャンルが限定されている少なめのマニアックなワード)

があります。

ワードボリューム 投稿件数の目安 ハッシュタグの例
ビッグワード 1万〜1億以上 #travel #犬 #猫 #空 #海 など一つの単語や名前が多い
ミドルワード 1,000〜1万未満 #旅好きと繋がりたい #海外カフェ #夜空が好き など二つのワードを繋げた物が多い
スモールワード 1,000未満もしくは前後 #夜空への手紙 #海沿いの家 #猫ひろしさん など固有名詞やターゲットが限定されるワード

これらを駆使してハッシュタグを付けるわけですが、投稿はフォロワーが多い人もしくは、反応が大きい人気の写真順に上から掲載されていきます。

つまり、まだフォロワーが少ないうちからビッグワードを付けまくってもあなたの写真がみんなの目に止まるのはどれくらい画面をスクロールすれば良いのでしょう。

と言う状態になってしまいます。

なので最初は自分のフォロワーの数に見合った投稿件数のハッシュタグから攻めて、なるべくみんなに見てもらえる努力をしましょう。

そこからフォロワーが増えるにつれて徐々に件数を上げて行くとフォロワーが増え安くなります。

フォロワーが増えるハッシュタグの付け方

それではハッシュタグのおすすめの付け方を紹介していきます。

ハッシュタグには大きく分けて4種類あります。

  1. オリジナルハッシュタグ
  2. 拡散用ハッシュタグ
  3. コミュニティハッシュタグ
  4. 見つけられる用ハッシュタグ

です。これらを工夫して11個にまとめて設置することによりバランス良く自分の求めるニーズに見てもらえるでしょう。

オリジナルハッシュタグ

ハッシュタグの役割:自分たちのブランド化

オリジナルハッシュタグは自分を表すスモールワードです。

例えば私たちは10to1_travelでInstagramをやっているのですが、私たちで言うと#10to1_travelや、ダンサーカップルの#dancercoupleを付けています。

このように「自分たちとは」と言うものがオリジナルハッシュタグです。

このハッシュタグの役割は自分たちのブランド化です。
多くの人に見てもらう用ではありません。

これを付けることによって自分たちをハッシュタグ化し、自分たちの名前を拡散しやすくなります。

例)

  • #10to1_travel
  • #10to1
  • #10to1_dancercouple

拡散用ハッシュタグ

ハッシュタグの役割:自分の投稿の拡散

拡散用ハッシュタグは自分の投稿の拡散に使います。

これはそのままビッグワードを付ければ良いだけです。

その写真を紹介するハッシュタグです。

ただ上記でも述べたようにあまりにもボリュームが大きすぎると他の投稿に埋もれてしまうのでなるべく自分のボリュームに見合ったものを選びましょう。

しかし、拡散用のビッグワードはそのハッシュタグ自体をフォローしているアカウントがたくさんいます。

なので、そのハッシュタグをフォローしている人にも届くのでビッグワードでオッケーです。

例)

  • #犬
  • #猫
  • #空

コミュニティハッシュタグ

ハッシュタグの役割:同じ趣味のコミュニティ仲間へのアピール

このハッシュタグはインスタ内での独自のハッシュタグを使います。

これで同じ趣味や好きなものが近い人と繋がり、フォロワー増加に繋げます。

ハッシュタグの選び方としては、「○○な人と繋がりたい」や「○○部」などがあります。

女性ですと「○○女子」などがありますね。

例)

  • #犬好きな人と繋がりたい
  • #猫好きな人と繋がりたい
  • #カフェ好き女子

見つけられる用ハッシュタグ

ハッシュタグの役割:地域や趣味を限定してそこに投稿をアピールする

このハッシュタグは幅広いハッシュタグから更にジャンルを限定してそこにアピールするハッシュタグです。

例えば#海だけじゃあまりにも投稿数が多すぎるので更に限定して、#大阪の海などにしてそこの地域を限定してより多くの人に見てもらいましょう。

このハッシュタグの作り方は単語と単語を組み合わせて作ります。

#おすすめ+○○、#地名+○○、#季節+○○などがありますね。

例)

  • #でかい犬
  • #可愛い猫
  • #青い空

まとめ

上記を全てまとめると、以下のようになります。

  1. ハッシュタグは11個
  2. 写真とハッシュタグは一致させる
  3. 投稿ボリュームを意識する
  4. オリジナルハッシュタグは自分を表すオリジナルタグ
  5. 拡散用ハッシュタグで自分の投稿の露出を増やす
  6. コミュニティハッシュタグで同じ趣味の人へのアピールをする
  7. 見つけてもらう用ハッシュタグで更にターゲットを限定する

上記を踏まえてハッシュタグを付けていって見て下さい。
早くても1週間程で効果が出てくると思います。

もし効果がイマイチならこの法則は固定してハッシュタグの内容を変えて見て下さい。

他にも気づいたこと、わかったこと、アドバイスなどがあればコメントよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございます!