ファームで稼ぎたい?ならダイバー シューズは日本で買っていけ!

みなさんこんにちは。

THE THORユーザーの Jonyと Ai (@10to1_travel)です。

さっそくですが結論!

ファームで稼ぎたいならダイバーシューズは日本から買っていきましょう!

私たちは日本でダイバーシューズを購入してオーストラリアに持っていきました!

 
Jony
どストレートだろ?
でも事実だぜブラザー!
 
Ai
理由は簡単だよ!

理由は以下のとおり

  • 軽くて動きやすい
  • 濡れても大丈夫!
  • 素材がじょうぶで長持ち!
  • 生地が柔らかいから足が痛くならない
  • 忍者みたいでかっこいい!
結果!
仕事の効率が上がる→ 仕事のスキルが身に付く→ 稼げる!

かんたんですね!

ちなみにJonyはブーツで仕事をしています(笑)

 
えーー!言ってることと違うじゃん!

それには理由があります。
理由はオーストラリアで購入すると値段が高いからです。

そうなんです。

だから日本で買っていくことをおすすめしてるんです。

記事はこれが結論です。

でもいきなり言われてもって感じですよね。
私たちがただ商品を買って欲しいだけに聞こえますよね。

なので詳しく知りたい人のためにもう少し深堀します!

私たちはオーストラリアのファームで3年働いています。
そんな私たちが言っているので本当です(笑)

関連記事

みなさんこんにちは。 【本記事は 2020年 9月の最新です】 本日は私たちが住んでいるオーストラリアのファームで有名なバンダバーグとはどんな街かを紹介します。 ワーホリ生の悩み バンダバー[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでファームジョブをするときに必要な服装や、あると便利な物を紹介します。 みなさんは恐らくセカンドビザ目的や、稼ぐため、もしくはファームジョブ[…]

ファームジョブでいる物リスト
関連記事

みなさんこんにちは。 オーストラリアのファーム歴3年のJonyとAi(@10to1_travel)です。 さて、前回の記事で悪徳ファームの仕組みや手口を紹介しました。 今回はその続編で、悪徳ファームの見破り方や騙されない方法を紹介します[…]

それではさっそく見ていきましょう!

オーストラリアのファームのダイバー シューズ需要

ファームで活躍するダイバーシューズ

結論から言うとオーストラリアのファームでのダイバーシューズの需要はめちゃくちゃあります。
ヤンキーが夜集まるドンキホーテくらい需要があります。

 
それはかなりの需要だな!(笑)

ファームにはファーストピッカーと呼ばれる仕事が速い人たちがいます。
そのファーストピッカーの多くが使用しているのがダイバーシューズです。

ダイバーシューズは主にアジア人のワーカーが履いてますね!
それだけ履きやすいと言うことです。

ファームで稼ぐなら仕事の効率を上げる必要がある

ファームで稼ぐなら仕事の速度と効率を上げなければいけません。

ファームの仕事は主にピッキングです。
そしてほとんどの野菜のピッキングが歩合制です。

歩合制とは自分の取れ高で給料が決まるシステムです。

多くのファースピッカーたちは仕事が速いから稼げているんですね。だから仕事の効率を上げる必要があるんです。そうすれば結果稼げますからね。

ダイバー シューズをファームで使用するメリット・デメリット

ファームで活躍するダイバーシューズ

それでは分かりやすくダイバーシューズをファームで使用するメリット・デメリットで紹介します。

メリット

  1. 軽くて動きやすい
  2. 濡れても大丈夫!
  3. 素材が丈夫で長持ち!
  4. 汚れても簡単に洗える&乾きやすい
  5. 生地が柔らかいから足が痛くならない
  6. 忍者みたいでかっこいい!

軽くて動きやすい

ダイバーシューズは軽いですね。
なのでとても動きやすいです。

速く動いて周りに差をつけます。

濡れても大丈夫!

ダイバーシューズはそもそもサーファーが海で履くものなので水に強いです。ファームでは靴が濡れることが多いのでかなり助かります。

素材がじょうぶで長持ち!

意外とじょうぶなので壊れにくいです。
ファームで使っても半年くらいなら保ちます。

セカンドビザ を取得する期間は一足でいけますね。

汚れても簡単に洗える&すぐ乾く

ダイバーシューズの良いところは簡単に洗えることです。
素材がツルツルなので汚れがすぐ落ちます。

しかもすぐ乾く素材なので次の日に気持ちよく履けます。

生地が柔らかいので足が痛くならない

じょうぶですが生地自体は柔らかいので足が痛くなりません。
ただ反面、キズが付きやすいので注意は必要です。

それに脱ぎ履きが簡単です。

忍者みたいでかっこいい!

かっこいいですね。
ナルトの忍者が履いてる靴みたいです。

デメリット

デメリットもあります

  • 底が薄い
  • 裏が平で滑りやすい
  • ダイバーシューズ自体の防御力は薄め

底が薄い

靴底が薄いのですね。
ファームのボコボコ地面が少し痛いです。

でもすぐに慣れます。

裏が平で滑りやすい

ダイバーシューズの靴の裏はブーツと違ってほとんど平です。
多少のストッパーはありますが結構滑りやすいですね。

ですが実際そんな滑りやすい場所はほとんどありません。

ダイバーシューズ自体の防御力は薄め

ダイバーシューズは生地がブーツとは違うので防御力は弱いです。

ファームでは大きい重機やトラクターも通っていたり、重いものを運ぶ仕事もあるので、それが足の上に落ちると危険です。

そもそもダイバーシューズじゃなくても危険ですのでファームで働く時は十分注意しましょう。

ファームのダイバー シューズは日本で買っていくのがBEST !

ファームで活躍するダイバーシューズ

最初にお伝えしましたが、ダイバーシューズは日本で購入していきましょう。そっちの方が安いし質も良いからです。

私たちは日本で購入して行きました!

まとめるとオーストラリアのダイバーシューズは

  • 値段が日本より高い
  • あまり売っていない
  • 日本人のサイズがない

です。

日本では3,000円くらいで購入できます。
ですがオーストラリアでは60ドル (4,500円)くらいします。

しかもあまり売ってません。
売ってても日本人のサイズがなかったりします。

なのでなるべく日本で購入していきましょう!

以下は私たちが実際に使用していたダイバーシューズです。
流石に 半年使い倒すと壊れちゃいましたがかなり重宝しました!

デメリットは行きの荷物が増えることくらいですからね。
ファームで使わなくてもオーストラリアの海で使えますし。

ファームで使用されるダイバー シューズ 以外の靴

ファームで活躍するダイバーシューズ

ついでにファームでよく使用されている靴をざっくり紹介します。

  • 長靴
  • ブーツ
  • スニーカー

長靴

長靴も人気があります。
オーストラリアではGun Bootsって言ったりします。

じょうぶで水に強いです。
裏のストッパーもしっかりしてます。

が、ブカブカなので動きにくいです。
それに重いですね。

ブーツ

ブーツはダイバーシューズの次におすすめです。
オージーやヨーロッパの人は基本ブーツです。

頑丈でかっこいいです。

ただ水に弱い、ちょっと重い、脱ぎ履きが大変と少し不便なところもあります。

あと値段が高いです。。。

スニーカー

最もおすすめしません。

  • 防御力ゼロ
  • 水に弱い
  • 滑りやすい
  • 壊れやすい

唯一の良いところと言えば安いことくらいです(笑)

4つを比較

ダイバーシューズ長靴ブーツスニーカー
値段の目安3,000円1,2005,0001,500
軽さ×
じょうぶさ×
水耐性×
ストッパー×
脱ぎ履き×

ダイバー シューズはファームの必需品!

本日はオーストラリアのファームで大活躍のダイバーシューズを紹介しました。

ファームで失敗したくない!稼ぎたい!と思っているなら日本でダイバーシューズを購入して持って行きましょう!

ちなみに日本でファーム着を買うならワークマンがおすすめです。
今大注目のおしゃれ・高品質・低価格のブランドですね!

他にもファームの情報を紹介していますのでご覧ください!

 
最後まで読んでいただきありがとうございます!

おわり

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでファームジョブをするときに必要な服装や、あると便利な物を紹介します。 みなさんは恐らくセカンドビザ目的や、稼ぐため、もしくはファームジョブ[…]

ファームジョブでいる物リスト
関連記事

みなさんこんにちは。 オーストラリアのファーム歴3年のJonyとAi(@10to1_travel)です。 さて、前回の記事で悪徳ファームの仕組みや手口を紹介しました。 今回はその続編で、悪徳ファームの見破り方や騙されない方法を紹介します[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 【本記事は 2020年 9月の最新です】 本日は私たちが住んでいるオーストラリアのファームで有名なバンダバーグとはどんな街かを紹介します。 ワーホリ生の悩み バンダバー[…]