ファーム ジョブで失敗しない服装と持ち物15選!【オーストラリア】

ファームジョブでいる物リスト

みなさんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

今回はオーストラリアでファームジョブをするときに必要な服装や、あると便利な物を紹介します。

みなさんは恐らくセカンドビザ目的や、稼ぐため、もしくはファームジョブを経験してみたくてファームに行かれる人たちでは無いでしょうか?

読者の悩み・不安

  • どんな服装を準備すればいいの?
  • 何が必要?
  • あると良いものは?
  • 前もって準備できるものは?

っと考えている人が多いんじゃないかと思います。

なので、今回はコチラのお悩みを解決しますね!

私たちはオーストラリアのバンダバーグと言う小さなファーム地帯の街のファームで3年以上働いています(現役)

関連記事

こんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 オーストラリアのファームを探す時、ほとんどの人がBundaberg(バンダバーグ)を耳にしますよね。 今回はなぜバンダバーグが悪徳ファームと言われているのか、評判やイメ[…]

目次

オーストラリアのファームジョブの服装

オーストラリアのファーム

ファームジョブの服装を紹介していきます。

これから紹介する服装は全てオーストラリアで購入することができます。

ですが、いざ買いに行くとなるとどこで購入すれば良いか、英語は大丈夫か、
何がいるのか、少しでも節約できるかが気になりますよね。

なので不安なら日本で全て準備していきましょう。
私たちはオーストラリアに来る前に全て準備してきました。

その方が節約になるし、不安要素を減らしたかったからです。

これからファームをしようと考えている人もまだ日本にいるならこちらで準備していきましょう!

  1. 帽子 … 日差し対策としてバケットハットの様なツバが全体にあるものが好ましい
  2. サングラス … 日差し対策ですが、無くても大丈夫
  3. フェイスマスク … ダスト対策としてですが、無くても大丈夫
  4. ロングシャツ… 日差しや虫刺され、農薬による肌荒れ対策。半袖はあまりよく無い
  5. グローブ… グリップの効くものが良い
  6. パンツ … 虫刺され、農薬による肌荒れ、蛇対策として長ズボンが好ましい
  7. 厚手の靴下 … 登山用がおすすめ!
  8. … 登山用や作業用の滑りにくく足首を固定しているものか、防水のダイバーシューズがおすすめ

1つずつ深堀していきます。

【帽子】日差しを防ぐための必需品!

おすすめ:バケットハット、キャップ

オーストラリアのファーム

帽子はツバがある物、特にバケットハットのような物を選びましょう。

オーストラリアの紫外線は日本の7倍です。

日差しがとても強く、顔全体を覆えた方が日射病などにかかりにくくなります。

私たちの経験上過去にそれで日射病になって倒れた子も過去に何人かいました。
ファームで倒れた場合、病院まで遠い所が多いのでとても危険です。

必ずツバありの物を準備しましょう。

【サングラス】日差しから目を守れ!

おすすめ : スポーツ用サングラス

これは特に大切なわけでは無く、日差しが強いのであると便利かな?ってくらいです。

着用するなら激しく動く作業が多いのでスポーツ用がおすすめでしょう。

ただアジア人でつけている人はほとんどいません笑

【フェイスマスク】ダストを防ぐファームの必需品!

おすすめ : 筒状のネックウォーマータイプのやつ
フェイスマスク

これは砂ぼこりやダスト対策です。

仕事によっては砂ぼこりがすごく喉や気管がやられてしまう事もあるのであると便利です。

ただ、ほとんどアジア人しか着けていません笑

これはオーストラリアですとアジアンマートなどに良く売ってます。

息苦しくないUVフェイスカバーC型(UVカットフェイスマスク) イエロー(ペイズリー)

新品価格
¥3,124から
(2020/4/15 17:27時点)

【長袖のシャツ】ファームの服装は長袖一択!

おすすめ : 長袖シャツ

オーストラリアのファーム

シャツは基本的に長袖にしましょう。
特に速乾性と通気性が良い物。

黒色は避けてください。

ピッキング時、日差し対策や農薬、虫対策のために長袖がベストです。

黒は熱を吸収するし虫も集まって来るので避けましょう。

もし半袖が良いのなら、アームサポーターなどと組み合わせると良いでしょう。

日本で購入するならスポーツウエアーや登山用などの通気性と速乾線がある物がベストでしょう。

ドンキホーテやワークマン、ユニクロで十分です。

オーストラリアで購入するならKmartBunningsがおすすめです。

【グローブ】グリップ力が強いものを準備しよう!

おすすめ : 作業用グローブ

ファームのグローブ
グローブは滑り止めがちゃんとある物を選びましょう。

表面がスッテンスってんの布軍手などはピッキングにあまり向きません。
生地が薄く、グリップの利く物を購入してください。

これは日本なら100均かワークマンで十分です。

オーストラリアでもBunnngsや大手ショッピングセンターWoolworthColes、近くのアジアンマートなどでも購入出来ます。

【パンツ】動きやすい長ズボンがGood!

おすすめ:カーゴパンツ・作業用パンツ・長ズボン
ファームの服装
パンツは基本的に長ズボンで、ポケットが多く、生地がしっかりしている物がベストです。

ファームジョブでは野菜を収穫する上でハサミやナイフ、ペンチなどの工具を扱う仕事も多く、ポケットが多い方が仕事がしやすいです。

長ズボンの方が良い理由は日差し対策もありますが、農薬や害虫、ヘビなどから身を守る役割もあります。

どうしても半ズボンが良い方はシャツ同様下にスパッツなどを履くと良いでしょう。

日本で準備するならワークマン一択じゃないでしょうか。ワークマン最強ですよ本当w

【厚手の靴下】足のダメージを減らすために必須!

おすすめ : 登山用の厚手ハイソックス

靴下は厚手のハイソックスを選びましょう。

ファームでは道が悪い所をたくさん歩きます。
時には捻挫したり足にダメージが蓄積して痛める事もあります。

ですので足をしっかり固めた方が良いでしょう。

以前それで足を痛めて普通に歩けなくなってしまった人がいて、せっかくセカンドビザの為にファームに来たのに治療のため日本に帰らなくてはいけなくなりました。

これは本末転倒ですよね。

これは日本でもオーストラリアでもどこでも買える物で結構です。

【靴】頑丈で歩きやすい物を準備!

おすすめ : ダイバーシューズ、作業用ブーツ、作業用長ぐつ

ファームの靴

靴はハイカットのブーツや長ぐつ、ダイバーシューズを用意しましょう。

靴下同様足首をしっかりホールドできて、クッションがあって裏がボコボコした物がベストです。

スニーカーや裏がツルツルした物は避けましょう。
怪我の原因になります。

中でもダイバーシューズは水にも強いし、裏もしっかりしているのでおすすめです。

日本ならワークマン、サーフショップやダイバーショップ。

オーストラリアならKmartBunnings、アジアンショップなどで購入出来ます。

関連記事

みなさんこんにちは。 さっそくですが結論! ファームで稼ぎたいならダイバーシューズは日本から買っていきましょう! 私たちは日本でダイバーシューズを購入してオーストラリアに持っていきました! […]

[ライジングサン] メンズ ミリタリーブーツ サイドジッパーハイカット 釣りブーツ タクティカル サバゲー ブーツ 軍靴 コンバットブーツ アウトドア作業ブーツ 防滑 厚い靴底 通気性 耐摩耗性(グリーン-A09-25.0cm)

新品価格
¥4,398から
(2020/4/15 17:38時点)

アクアラング エルゴブーツ マリンシューズ サイドファスナー付 (27cm)

新品価格
¥3,229から
(2020/4/15 17:40時点)

オーストラリアのファームジョブの持ち物

ここからはあると良い物ですが、結論なるべくあった方が良いです。

【日焼けクリーム】日本の7倍の紫外線からお肌を守れ!

日差し対策。絶対オーストラリアで買ってください。
日本の物じゃオーストラリアの日差しに勝てません。

関連記事

みなさんこんにちは。 オーストラリア在住 3年目の JonyとAi(@10to1_travel)です。 本日はオーストラリアの日焼け止めおすすめ7選と、スキンケアの方法を紹介します。 女性にとって肌荒れは重大ですよね。 私たちはオース[…]

【替えのサンダル】送迎時のマナー

人の車で送迎してもらう場合、働いたあとの泥だらけの靴で車に乗られるのを嫌がる人もいます。

マナーとエチケットという意味でも仕事後にサンダルに履き替えて乗りましょう。

【着替えのシャツ】泥だらけは運転手に嫌がられるかも

上記と同じ理由です。

特にアジア系の運転手は汚れた服を嫌がります。

【水分】脱水症状防止の必需品!

水は必需品です。

これが無くて倒れてしまう人もいるので、必ずボトルで用意しましょう。

【ランチ】食べないとパワーが出なくて怪我の原因に

オーストラリアのファームでは午後まで仕事が続く場合、だいた9時〜12時のどこかでランチタイムを取る場所がほとんどです。

しっかりエネルギーをたくわえないと最悪の場合大怪我をする事もあります。

【ティッシュ】青空トイレの必需品

女性はもちろんですが、男性も青空の下でトイレをする事もしばしばあります。
ティッシュは常備しておきましょう。

ただ、青い空、白い雲、青々とした緑の中でするトイレは爽快です。

関連記事

みなさんこんにちは。 現役ファーマー女子のAi(@10to1_travel)です。 本日は、オーストラリアのファームのトイレ事情を紹介します! これからオーストラリアのファームに行く予定の女の子は必見です! […]

【ショルダーバック、ウエストポーチ】仕事効率を上げるアイテム

ケータイ電話やティッシュ、水や人によってはタバコなど、携帯したいがポケットにいれるのが邪魔というとき大活躍です。

登山用的なのがあった方が良いかも知れませんね。

保冷バッグ

上記の物を全て入れて持ち運びます。
ファームにいく時はみなさんもっています。
これはオーストラリアの大手スーパーのWoolworthColesなどで$2くらいであるのでそれで十分ですよ。

服装で大切な事まとめ 7項目 ※省略OK

服装で意識することをまとめました

服装で大切なことまとめ
  1. 通気性
  2. 速乾性
  3. 動きやすさ
  4. 日差し対策
  5. 外敵対策
  6. 捨てても良い物
  7. 黒は避ける

まとめとして細かく説明しています。

面倒臭い人は飛ばしてもらってオッケーです。

通気性

これはとても大切です。

オーストラリアはとても暑いのでその中で働くのは大変です。

通気性が良くないと脱水症や日射病にかかってしまう恐れがあります。

速乾性

服はなるべく乾きの良いものを用意しましょう。

場所によっては仕事が毎日あるということもあり、洗濯してその日の夕方くらいに乾いているとルーティーンを組みやすいし余分な服も買わずにすみます。

動きやすさ

ファームの仕事では動きやすい服にしましょう。
動きにくいと仕事になりません。

なのでスキニーパンツやデニムなど、ストレッチがきかない服装はあまり向きません。

日差し対策

これは特に女性にとって重要です。

オーストラリアの紫外線は日本の7倍。

外で働くことが多いファームジョブにおいて、肌を露出することは危険です。

日焼けしたいっという人もいますが、今は良くても将来シミだらけの肌になってお肌ボロボロになってしまいますよ。

外敵対策

外敵というのは蛇や蚊、ハエの他にもみた事もない虫などの事です。
ファームジョブは畑の中で働く事がほとんどです。

草陰から蛇にいきなりガブや、大量の蚊に襲われたりなんてことも茶飯事。
先ほど同様肌はあまり露出しないでおきましょう。

捨てても良いもの

ファーム着は捨てても良いものを使用しましょう。

ファームでは走って、転んで、暴れ回ります。
ビザを取る為の期間でいう3ヶ月を終える頃にはボロボロになっています。

よく、忘れたからという理由で私服のアディダスのキャップや、ナイキのスニーカーを履いてくる人がいますが、一度使用するともう私服では着れない状態になります。

ファームできる服は最後捨てても良い服にしましょう。

黒は避ける

黒は熱を吸収します。
更に虫もよってきてしまいます。

なるべく白か黒以外の色を選びましょう。

オーストラリアのファームの持ち物と服装まとめ

いかがでしたでしょうか?

これからファームを考えている方のお力に少しでも慣れればと思います。

最後に今回の記事で出たファーム着を購入できるおすすめのお店一覧を書いておきますね。

日本で買えるファーム着購入ショップ一覧

オーストラリアで買えるファーム着購入ショップ

  • Kmart … 大手万能ホームセンター
  • Bunnings … 作業具、工具などの最強ホームセンター
  • Woolworth … オーストラリア1位2位を争う大手ショッピングセンター
  • Coles … 上記に同じく
    アジアンマート … アジアの物が売ってるショップ。日本の調味料や商品も多々あります。ほとんどの街にあります。
関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアの大手スーパーマーケットを4店ご紹介します。 プラス、日本との違いやスーパーマーケットの節約術なんかも紹介しますね! なの[…]