オーストラリア 1 ヶ月の生活費 3選(シティ・ファーム・ラウンド)

みなさんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

本日はオーストラリア在住 3年目の私たちが、これからワーホリ生活を始めるあなたに向けて、オーストラリアの1ヶ月の生活費を公開します!

読者の悩み

  • 初のワーホリで生活費がどれだけ必要か不安!
  • いくらあれば生活できる?
  • カップルでの生活費が知りたい!
  • ファーム生活費も同じ?
  • オーストラリア一周の生活費は?
  • オーストラリアの平均 月収が知りたい!
  • 節約のコツが知りたい
 
Ai
こんな悩みがある人は読んでください!
 
Jony
僕たちも最初この悩みがあったもんな!
海外生活って不安だよなブラザー!

私たちが最初オーストラリアに来る前に不安だったようにきっと他の人も同じ悩み・不安を持ってると思うんです。

1ヶ月の生活費を事前に知っておくことによって、初のオーストラリア生活でも困ることなく英語の勉強や友達作りに集中できますよね!

この記事は 5分くらいで読めます。
少し長いので、目的の項目のみでも参考になると思います!

最後までよろしくおねがします!

オーストラリア 1 ヶ月の生活費はいくら?

私たちの経験を元に 1ヶ月の生活費の平均を紹介していきます。
結論の後に、細かい内訳を紹介しますね。

シティの生活費 | Click900ドル( 6万3,000円)
ファームの生活費 | Click1060ドル( 7万4,420円)
オーストラリア一周 の生活費 | Click2,770ドル( 19万4,100)

≫ オーストラリアの平均 月収をみる(ジャンプします)

「あれ?意外と日本と同じくらい?思ってたより高くないなあ」
そう思ったんじゃないですか?

オーストラリアは物価が高いで有名ですね。
とは言え実は生活費は日本とそこまで変化がないのかなと思います。

それでは内訳を【シティ】、【ファーム】、【ラウンド】別に紹介していきます!

  • 【シティ編】メルボルンの1 ヶ月の生活費
  • 【ファーム編】バンダバーグの1 ヶ月の生活費
  • 【ラウンド編】オーストラリア 一周の1 ヶ月の生活費

私たちはカップルで生活しています。
その費用を半分にして、 1人分の生活費とします!

オーストラリア メルボルンの1 ヶ月の生活費

オーストラリアの1ヶ月の生活費 メルボルン

シティは私たちが半年以上住んでいたメルボルンを例にします。
私たちはCBD内のバックパッカーに住んでいました。

内訳費用の平均
家賃620ドル( 4万3,400円)
食費140ドル( 1万円)
交通費0円
ケータイ代 / 28日30ドル( 2,100円)
娯楽費100ドル( 7,000円)
合計900ドル( 6万3,000円)

上記が私たちのスタイルでの 1ヶ月の生活費です。
意外と安いですよね。私たちもびっくりです。笑

細かい内訳とオーストラリアの平均の費用を紹介しますね。

家賃

オーストラリアのシティの 1ヶ月の家賃は 400〜1,200ドルです。
日本円で言うと 3万〜9万円ほどですね。

滞在方法を 4つに分けて紹介していきます!

  • ホステル
  • シェアハウス
  • ホームステイ
  • アパート

ホステル

ホステルは日単位で家賃が発生します。

シティ内のドミトリーの平均は 1日 20ドルほどです。
プライベートルームだと平均 45ドルです。

  • 1週間:140 〜315ドル( 1万〜2万3,000円)
  • 1ヶ月:620〜1,395ドル( 4万〜7万3,000円)

ホステルは光熱費などはかかりません。

でもドミトリー( 4〜6人部屋)とかなのでプライベートはゼロなんですよね。
人の入れ替えも多く、あまり長期で住むワーホリ生はいません。

カップルだと 2人部屋があります。
家賃も割り勘したらかなり安くなりますよ!

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 本日はメルボルンの一番オススメの宿United Backpackers(ユナイテッド・バックパッカーズ)を紹介します。 まずは私たちの宿泊の履歴をご覧ください。[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はメルボルン旅行で私たちが泊まった格安バックパッカー Melbourne City Backpackers(メルボルン・シティ・バックパッカーズ) の紹介[…]

メルボルンのバックパッカー

シェアハウス

シェアハウスは週ごとに家賃が発生します。

  • 1週間:100〜400ドル( 8,000〜4万円)
  • 1ヶ月:400〜1,200ドル(3万〜9万円)

シェアハウスの家賃は立地や州によって変動します。

関連記事

みなさんこんにちは。 私たちはオーストラリア在住 3年目です。本日はオーストラリアのシェアハウスについて紹介します。 これからオーストラリアのワーホリにいく予定の人、シェアハウスに対しての不安や疑問を持って[…]

ホームステイ

ホームステイは 1ヶ月で家賃を払います。

  • 1ヶ月:1,000〜1,200ドル( 7万〜9万円)

ちなみに光熱費は家賃の中に含まれています!

アパート

アパートは週ごとに家賃を払います。

  • 1週間:300〜700ドル( 2万〜6万円)
  • 1ヶ月:1,200〜2,000ドル( 9万〜16万円)

アパートには光熱費が含まれていません。
家賃を節約したいならシェアハウスがおすすめです!

光熱費

光熱費は 1週間ごとに発生します。
1ヶ月の平均は70〜130ドル(5,000〜1万円)です。

  • 1週間:25〜30ドル( 2,000円〜2,500円)
  • 1ヶ月:60〜120ドル( 4,500〜1万円)

シェアハウスやアパートの家賃に上乗せする場合もあるので事前に聞いておいて、それを踏まえて生計を立ててください。

食費

1ヶ月の食費は平均 120〜500ドル( 2万〜7万円)です。

ちなみに私たちは 2週に 1回くらいは外食をしていました。
それでも 2人で週 50ドル(7,000円)ほどでしたね。

食費も 3つのカテゴリに分けて紹介しますね!

  • 自炊
  • 外食
  • デリバリー

自炊

私たちは朝・昼・晩全て自炊をしてました。
そうするとだいぶ食費を節約できます!

  • 1週間:35ドル( 2,500円)
  • 1ヶ月:140ドル( 1万円)

スーパーだけでなく、朝のマーケットやセールの日を狙って買い物に行くのがコツですね!

外食

オーストラリアの外食は結構します。
日本のような吉牛的な安いお店があまりないので、食費がかさみますね。

  • カフェ:3〜5ドル( 200〜350円)
  • ランチ:10〜20ドル( 700〜1400円)
  • ディナー:20〜50ドル( 1,400〜3,500円)

さらにアルコールが入ると 100ドルは軽く超えます。
節約するなら外食は避けましょう!

デリバリー

デリバリー、ウーバーなどは一回の利用で 5〜30ドル(350〜2,100円)とかなので、外食と一緒ですね。

節約するならやめましょう!

交通費

メルボルンの場合、CBD内には無料で乗れるトラムがあります。
それを利用すればシティ内はほとんど無料で移動することができます。

住んでる場所がよっぽど離れていないなら自転車を利用するのもおすすめですね!

ちなみにオーストラリアのタクシーの初乗りの平均は3.6ドル( 220円)で、トラムやバスも2ドル( 140円)ほどです。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今日はメルボルンの無料トラム、路上電車の乗り方をご紹介します。 本記事の内容 トラムとは? トラムの運賃などの料金システムは? トラムにはどうや[…]

ケータイ代

ケータイ代は会社によって違います。

私たちはオプタスを使ってます!
値段も安く通信速度も良いのでおすすめですよ!

私たちの場合は 30ドルで 10G、40ドルで25G使い放題です。
日本の 7Gと比べ物にならないくらい安いですね。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 本記事はこれからオーストラリアにワーキングホリデーで来るあるいは長期滞在する予定の人向けに書いています。 読者の悩み オーストラリアで生活する際、携帯電[…]

日本で Wi-Fiプランを契約したり、オーストラリアでポケットWi-Fiを契約する方法もありますが、コストも手間もかかって月々の生活費がかさむのでおすすめしません。

シティには無料 Wi-Fiも多く、シェアハウスにも設置されているところが多いので、それを探しましょう!

それでも日本からWi-Fiを契約していきたいのなら値段もサポートも信頼もある、イモトの Wi-Fiがおすすめです!

イモトのWiFi【超格安】<<特別割引>>50%オフ

娯楽費

娯楽費は人それぞれですのでなんとも言えませんが、私たちの見解で紹介しますね。

例えば、

  • 衣類:10〜100ドル( 700〜7,000円)
  • コーヒー:1〜5ドル( 70〜350円)
  • 映画:12〜15ドル(840円〜950円)

後半の節約術でも紹介しますが、コーヒーはセブンイレブンのコーヒーがかなりおすすめです!

なんと 1ドルコーヒー!
しかも美味しいです。

コーヒー好きはかなりの節約になりますよ。
私たちがそうです。笑

オーストラリア ファームの1 ヶ月の生活費

オーストラリアの 1ヶ月の生活費 ファーム

続いて私たちのファームでの 1ヶ月の生活費を紹介します。
場所はバンダバーグで現在も住んでいます。

内訳費用の平均
家賃440ドル( 3万800円)
食費100ドル( 7,000円)
交通費400ドル( 2万8,000円)
ケータイ代 / 28日40ドル( 2,800円)
娯楽費80ドル( 5,600円)
合計1060ドル( 74,420円)

意外とシティより生活費かかってますね。笑
内訳とオーストラリアのファームの平均 費用を紹介します!

家賃

ファームの家賃の 1ヶ月の平均は440〜600ドル( 3万800〜4万2,000円)です。

シティとシステムも同じなので割愛します。

ファーム地帯ではシェアハウスかホステルが支流です。
ファームを斡旋しているホステルが多いのが理由です。

私たちはファームのオーナーが所持しているシェアハウスに住んでいます。

基本的に週払いです。ただ、どちらも光熱費などはかからないので、家賃のみの支払いですね。

ただ、ホステルはファームの紹介料やWi-Fiなどでドミトリー( 4〜6人部屋)とかでも 1週間の家賃が 140ドル(1万円)とかだったりするので高いですね。

光熱費

光熱費もシティと同じで 1週間ごとに発生します。
1ヶ月の平均は70〜130ドル(5,000〜1万円)です。

ですが、ファームのシェアハウスの場合、多人数で住むので光熱費がえらいことになるんですね。

なので、体感ですが、シティよりオーナーが電気や水の使用にシビアです。笑

食費

食費の平均は100〜200ドル( 7,000〜1万4,000円)ほどです。

ファーム地帯にはあまり娯楽が無いので、必然的に食が娯楽になってきます。
なので外食が増えてしまうんですね。

じゃあなんでシティより安いの?ってなりますよね。

理由はファームから野菜をもらえるからです。
なので自炊の食材が節約できるんです!

食費を抑えたいなら「野菜」のファームを選びましょう。
フルーツのファームはあまり節約になりませんので。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 本記事ではオーストラリアのバンダバーグ(Bundaberg)で主に収穫できる野菜を紹介します。 同時に、シーズンも紹介するので、これか[…]

交通費

ファームの 1ヶ月の交通費の平均は 140〜400ドル( 9,800〜2万8,000円)です。

これはファームだからこその値段です。
3つあるので説明しますね!

  • 車を持ってない人(送迎費)
  • 車を持ってる人(ガソリン代)
  • 免許証を持ってる人

車を持ってない人(送迎費)

車を持ってない人の 1ヶ月の交通費の平均は 140〜196ドル( 9,800〜1万5,200円)です。

ファームの送迎費は基本的に 1日 7ドル( 490円)です。
これはガソリン代と手間賃としてドライバーに渡します。

送迎費とは家からファームまでの送り迎えのことです。
車が無い人は送ってもらわなければ仕事に行けません。

つまり 7ドルを働く日数分支払うことになります。

ちなみに送迎費は英語で Car Rent (カーレント)と言います。

車を持ってる人(ガソリン代)

車がある人の交通費(ガソリン代)の平均は 1ヶ月で400ドル(2万8,000円)です。

車を持っている人はファームまで自分の車で向かうことができます。
その分ガソリン代がかかりますね。

ガソリンのリッターや車の燃費にもよりますが、平均 1週間で 100ドルほどかかると思います。

私たちがそれくらいです。

じゃあ車じゃ無い方が安いんじゃ無いのか??

っと思いますよね。
実はそれが違います。

車があった方が稼げるんです。

説明しよう!

車を持ってると、車が無い人を送迎することになります。
そうすると乗せた人数分 7ドルがもらえます。
つまり、1日 3人を乗せたとすると、21ドル。
それを週 5日にしたら105ドルです。
それに週 5ならガソリン代はそんなに減りません。
基本的にプラスが出て稼げます。

ちなみに私たちは 8人乗りの Vanを持っていて、毎日6〜8人乗せています。
なのでガソリン代引いても毎月 900ドル( 6万3,000円)ほど稼いでます。

買いましょう。
車。笑

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでの車の購入方法を紹介します。 本記事を読めば車の購入で失敗することはないでしょう! この記事を読んでくれている人は オーストラリア[…]

免許証を持ってる人

免許証を持ってる人、つまり運転できるけど車を持ってない人は場合によっては交通費(送迎費)を節約できます。

ホステルなどではファームに行くための車を何台も持っています。その車を使ってファームまで行くんですが、車が運転できればドライバーになれるチャンスがあります。

場所によりますが、基本的にドライバーは運転する代わりにカーレントがいりません。ただし、カーレントをもらうこともできません。

つまりプラマイゼロで交通費はかからない(ゼロ)と言うことです。オーストラリアで運転はできる状態にしておいた方が良いかもしれませんね。

関連記事

みなさんこんにちは。 本日はオーストラリアの国際免許証についてのお話しです。 読者の悩み 国際免許証って作っておいた方が良いの?オーストラリアでは日本の免許証でも良いって聞いたけど実際はどうなの? […]

ケータイ代

ファームの 1ヶ月のケータイ代は40〜 100ドル( 2,800円〜7,000円)です。

シティより高い理由はあまり無料 Wi-Fiが無いからです。
なのでどうしても SIMの容量が大きいやつを買うもしくは課金してしまいます。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 本記事はこれからオーストラリアにワーキングホリデーで来るあるいは長期滞在する予定の人向けに書いています。 読者の悩み オーストラリアで生活する際、携帯電[…]

娯楽費

ファームの 1ヶ月の娯楽費の平均は 80〜200ドル(5,600〜1万4,000円)です。

ファーム地帯での娯楽は基本的にレジャーが多いです。
つまりビーチやドライブとかですね。

私たちの住むバンダバーグにもあまり娯楽施設は無いので、ビーチに行ったりお散歩するのが娯楽ですね!

ただ、娯楽とはちょっと違うんですが、宿泊施設によってはランドリーが有料だったりするので、その場合は洗濯代がかかってきたりしますね。

関連記事

みなさんこんにちは。 【本記事は 2020年 9月の最新です】 本日は私たちが住んでいるオーストラリアのファームで有名なバンダバーグとはどんな街かを紹介します。 ワーホリ生の悩み バンダバー[…]

オーストラリア 一周の1 ヶ月の生活費

オーストラリア 一周の1ヶ月の生活費

オーストラリア一周の 1ヶ月の生活費です。
私たちは 4ヶ月かけて車でオーストラリアを一周しました!

これからラウンドする人は参考になるかもですね!
逆にこれで意外と費用が足りそうだったら挑戦もありです!

内訳費用の平均
家賃400ドル( 2万8,000円)
食費900ドル(6万3,000円)
交通費1,000ドル( 7万円)
ケータイ代 / 28日30ドル( 2,100円)
娯楽費440ドル( 3万1,000円)
合計2,770ドル( 19万4,100)

オーストラリア一周が一番高いですね。
原因は交通費と食費ですね。

ちなみに私たちは 4ヶ月かけて車でオーストラリアを一周したので、それを 1ヶ月で割った数字です。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回は私たちが行った車でオーストラリア一周(ラウンド)にかかった費用、距離、期間を紹介します。 Jony オーストラリアを一周するのにどれくらいの日数が[…]

家賃

オーストラリア一周の 1ヶ月の家賃は400〜600ドル( 2万8,000〜4万2,000円)です。

オーストラリア一周での家賃はキャラバンパークやキャンプ地のことですね。
キャラバンや有料キャンプ場を使うかどうかで費用は変わってきます。

私たちは無料キャンプ場を使って車中泊とテント泊をしていたので、他のトラベラーよりも家賃は押さえていました。

でも大都市やシティ内には無料キャンプ場がないんです。
なのでその時だけキャラバンパークやホステルに泊まりました。

その費用です。

オーストラリア一周の時に利用するメジャーな宿泊施設を 5つ紹介します。

  • キャラバンパーク
  • 有料キャンプ場
  • 無料キャンプ場
  • モーテル
  • ホステル

キャラバンパーク

キャラバンパークの 1泊の平均は

  • 35〜45ドル( 2,500〜3,500円)▶︎電源貸し出し
  • 20〜35ドル( 1,400〜2,500円)▶︎敷地のみ

です。

キャラバンパークは電源を借りれるエリアと駐車スペースのみのエリアに分けられています。充電が必要かどうかで決めましょう。

ちなみにキャラバンパークは基本的に車ありきです。
素泊まりの場合は敷地内のロッジなどを借りる必要があります。

有料キャンプ場

有料キャンプ場もキャラバンパークに似てます。
違いと言えば、キッチンやシャワー、舗装のレベルくらいです。

1泊の宿泊費は 25〜35ドル(1,800〜2,500円)ほどです。

無料キャンプ場

無料キャンプ場はその名の通り無料です。
スリルがあって最高に楽しいです。

メリット・デメリットありますが、私たちはおすすめします!
その方があなたの旅の思い出がいっそ濃くなりますよ♪

関連記事

みなさんこんにちは。 本日は私たちがオーストラリア一周で利用した無料キャンプ場について紹介します! 本記事の内容 私たちがオーストラリア一周で無料キャンプ場を利用し続けた理由オーストラリアの無料キャンプ場[…]

モーテル

モーテルの 1泊の宿泊費の平均は 60〜 130ドル( 5,000〜1万円)です。

モーテルは車で入れるホテルです。
よく海外の映画でも出てくる素泊まりの安宿ですね。

ちなみにオーストラリアではラブホテルとして利用されることが多いです。

ホステル

ホステルの 1泊の平均 宿泊費は、20〜45ドル( 1,400〜3,100円)です。

シティ内での利用が多いと思うので、これを目安に予約しましょう。

食費

オーストラリア一周の 1ヶ月の食費の平均は 200〜900( 1万4,000〜6万3,000円)です。

1週間あたり 50ドル〜200ドルほどでしょう。

私たちの場合は、冷蔵庫が無かったので乾麺やお米で節約生活をしてました。とは言え、食糧が無くなったり、シティに付いたり、目的地まで到着するとレストランで宴をしてしまったりしてたので結構かかってしまいました。笑

関連記事

みなさんこんにちは。 オーストラリアを車で一周した Jonyと Ai(@10to1_travel)です。 オーストラリアを一周するのに一番気になるのがやっぱり費用ですよね。 ・総額どれくらいかかるのかな? ・節約術が知りたいな〜 ・細か[…]

ラウンドの費用 大公開

交通費

交通費の 1ヶ月の平均は 400〜1,000ドル( 2万8,000〜7万)です。
1週間だと60〜250ドル( 4,200〜1万8,000円)ですね。

オーストラリア一周での交通費とはガソリン代のことです。

私たちは燃費が悪い車( 30年落ち)に乗っていたので多いときで 1週間に 300ドルほど入れてました。

ガソリン代は州やエリアによって値段が違います。
ダーウィンやアリススプリングス、南西の方が一番高かったですね。

ケータイ代

ケータイ代は上記と基本的に同じです。
ラウンド中は電波が無い荒野を走ったりもするので、ケータイ会社はテルストラがおすすめです。

オーストラリアで一番電波が良いです。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 本記事はこれからオーストラリアにワーキングホリデーで来るあるいは長期滞在する予定の人向けに書いています。 読者の悩み オーストラリアで生活する際、携帯電[…]

娯楽費

娯楽費の1ヶ月の平均は 200〜500ドル( 1万4,000円〜3万5,000円)です。

娯楽費と言うのは観光スポットの入場料とか、アクティビティ代とか、お土産代ですね。

人によって違うと思いますが、私たちは 1ヶ月 400ドルほどでオーストラリアの有名な観光スポットはほとんど行けました♪

オーストラリア 1 ヶ月の平均 収入

オーストラリア 1ヶ月の平均 収入

上記ではオーストラリアの色んなパターンの生活費を紹介しましたね。
これに収入が加わるともう少しリアルな生活費が出るかもです。

シティの平均 月収2,000〜5,000ドル( 14万〜35万円)
ファームの平均 月収1,200〜6,000ドル( 8万4,000〜42万円)

私たちはファームでしか働いたことが無いので、シティの収入はデータ上の紹介になってしまいますが、参考にはなるのでご覧ください!

シティの平均の収入

シティで働くワーホリ生の平均 月収は 2,000〜5,000ドル( 14万〜35万)です。

シティで働く場合は基本的に時給制です。
時給は英語で “hourly (アワリー)”と言います。

シティの平均時給は 1時間 17〜20ドル(1,000〜1,400円)ほど。
日本と比べ物にならないくらい高いですね。

日本人のワーホリ生が働くようなジャパレスなどは 17ドル(1,000円)とかが多いです。

完全にグレーですが、持ちつ持たれつって感じです。

高時給で働きたいならローカルジョブのカフェやレストランを狙いましょう。

ローカルジョブで有名なのは

  • ダーウィン
  • アリススプリングス
  • ブルーム
  • パース
  • ファーム地帯

とかですね。

人手が必要な観光地などは見つかりやすいのでチャレンジしてみてください!
※英語必須

ファームの平均の収入

ファームで働くワーホリ生の平均 月収は1,200〜6,000ドル( 8万4,000〜42万円)ほどです。

ファームジョブは時給制と歩合制の仕事があります。

ファームの平均 時給は15〜20ドル( 1,000〜1,400円)ほどです。
歩合制の仕事は収穫野菜によって違います。

私たちのファームを目安に例を出します。

  • トマト:1バケツ 1.50ドル
  • ズッキーニ:1バケツ 2.50ドル
  • カプシカム:1バケツ 1.50ドル

このバケツ数分の給料がもらえます。
例えばトマトを1日 20バケツ採ると 30ドルです。

ちなみに Aiは 1日 100〜200バケツ作ります。笑

これに加え、カーレントや時給が加わり月収が決まります。
私たちは2人とも平均 月収 45万とかです♪

オーストラリアの生活費【節約のコツ】

オーストラリアの生活費の節約のコツ

私たちも実践しているオーストラリアの節約のコツをまとめます。

ざっと 7項目ですね。

  1. スーパーでセールをチェック
  2. セカンドショップの利用
  3. コーヒーはセブンイレブン
  4. 食材はマーケットを利用
  5. ファームの野菜を重宝
  6. 無料キャンプ場がおすすめ
  7. ケータイはプリペイド SIM

スーパーでセールをチェック

オーストラリアのスーパーマーケットには週替わりでセールがあります。どの商品がセールになるかはアプリ・ウェブ・チラシで確認することができます。

30%〜50%の割引があるので、そのセール品を狙うと節約できます。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアの大手スーパーマーケットを4店ご紹介します。 プラス、日本との違いやスーパーマーケットの節約術なんかも紹介しますね! なの[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。   本日はオーストラリアのアジアンスーパーについて紹介します。   オーストラリアに日本以外の色んな国にアジアの食材が購入できるお店があるって知ってましたか? これは[…]

セカンドショップの利用

オーストラリアにはセカンドショップ( OPショップ)があります。
古着や使い古した日用品が販売されています。

ファーム着などは 1〜4ドル( 70〜280円)で売られてたりします。

中には掘り出し物もあるのでぜひご利用ください。

ちなみに Jonyはセカンドショップでラルフローレンのビンテージシャツを 10ドル( 700円)で発見しました。笑

コーヒーはセブン イレブン

シティに住むならセブンイレブンの活用は重要です。
コーヒーが好きだけど、毎日 4ドルの出費はキツい人にはおすすめです。

美味しいですし、1ドルコーヒーは激アツです!

食材はマーケットで

オーストラリアにはマーケット(市場)があります。
ローカルからシティまで結構どこでもあります。

そこではフレッシュな野菜やお肉・魚などが格安で売られてたりするのでそこを利用すれば食費を節約できます。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリア・ゴールドコーストにある大人気のマーケット Bundall Farmer's Market(バンドール・ファーマーズ・マーケット) の見所[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 メルボルン観光と来たらこの三つの観光スポットは絶対に外せないJonyとAi(@10to1_travel)です。 本日はこのメルボルンに存在する3つの大きなマーケットを紹介したいと思います! まずその前にみ[…]

ファームの野菜を重宝

あなたがファームで働くなら必ず野菜のファームを選びましょう。
フルーツファームは食材になりにくいので節約になりません。

私たちのファームはトマト・ズッキーニのファームですので、ご興味がありましたら連絡ください♪

→ 10to1のJonyとAiに問い合わせる

関連記事

みなさんこんにちは。 【本記事は 2020年 9月の最新です】 本日は私たちが住んでいるオーストラリアのファームで有名なバンダバーグとはどんな街かを紹介します。 ワーホリ生の悩み バンダバー[…]

無料キャンプ場がおすすめ

オーストラリアを一周するなら無料キャンプ場は利用しましょう。

スリルがあるし節約になります。

関連記事

みなさんこんにちは。 本日は私たちがオーストラリア一周で利用した無料キャンプ場について紹介します! 本記事の内容 私たちがオーストラリア一周で無料キャンプ場を利用し続けた理由オーストラリアの無料キャンプ場[…]

ケータイはプリペイド SIM

オーストラリアでケータイを契約する時は気をつけてください。
っと言うのも私たちが失敗したからです。

日本のケータイ会社のニッテルと契約したんですが、料金が高いことに 1年後に気付きました。そのあとすぐに自分たちでオプタスを契約しました。

  • ニッテルのプラン:45ドル / 7G
  • オプタス / 40ドル / 25G(初回から3ヶ月間 35Gボーナス)

圧倒的ですよね。笑

英語での契約は緊張するかもしれませんが私たちでできたので大丈夫です。
節約のために頑張りましょう!

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 本記事はこれからオーストラリアにワーキングホリデーで来るあるいは長期滞在する予定の人向けに書いています。 読者の悩み オーストラリアで生活する際、携帯電[…]

オーストラリアの 1 ヶ月の生活費 まとめ

大変長々とお疲れ様です!

今回はオーストラリアの 1ヶ月の生活費をジャンル別に紹介しました。

これからオーストラリアにワーホリにくる人はぜひ参考にしてくださいね!

 
最後まで読んでいただきありがとうございます!

おわり