【在住者が教える】オーストラリアのシェア ハウスに住む時の注意点や探し方

みなさんこんにちは。

海外在住ブロガーのJonyとAi(@10to1_travel)です。

私たちはオーストラリア在住 3年目です。
本日はオーストラリアのシェアハウスについて紹介します。

これからオーストラリアのワーホリにいく予定の人、
シェアハウスに対しての不安や疑問を持っている人はご覧ください!

目次

オーストラリアのシェア ハウスとは?

オーストラリアのシェアハウス

シェアハウスとは複数の他人と部屋や家をシェアして生活する宿泊タイプのことです。
日本で言うと合宿場や修学旅行のホテルの家版って感じですね。

日本では最近耳にするようになって来ましたが、オーストラリアでワーホリ生がファームステイをしたり、シティで暮らす場合の 9割がシェアハウスを利用するほどポピュラーです。

私たちのオーストラリア生活の 8割はシェアハウスです。

オーストラリアのシェア ハウスの建物のタイプ

シェアハウスの建物タイプは大きく分けて 3つです。

  • 一軒家
  • バックパッカー
  • マンション

ファームステイは一軒家とバックパッカーがメインです。
バックパッカーとはドミトリーなどの安宿のことです。

逆に都会ではマンションや少し離れた一軒家が多いですね。

オーストラリアのシェア ハウスのルームタイプ 6つ

ルームタイプは大きく分けて 6つのタイプに分けれます。

  • 1人部屋
  • マスタールーム
  • 2人部屋
  • ドミトリー
  • リビングシェア
  • ベランダシェア

ひとつずつ見ていきましょう!

1人部屋

オーストラリアのシェアハウス

まずは 1人部屋。オーストラリアではこれを「オウンルーム」とよびます。

自分だけの空間を確保できますが、家賃は高めです。

週あたりの家賃相場:150ドル〜 300ドル

マスタールーム

オーストラリアのシェアハウス

上記の 1人部屋に加えてバスルームやトイレが付くタイプの部屋です。

VIPルームと考えてください。
家賃が一番高いです。

水回りを他人とシェアしたくない潔癖症の人にはおすすめですね!

週あたりの家賃相場:200ドル〜 400ドル

2人部屋

オーストラリアのシェアハウス

個室を 2人でシェアするタイプです。
1人部屋よりコストを抑えれます。

ソウルメイトができやすいタイプとして人気があります。
逆にルームメイトと性格が合わないとトラブルになりやすいのが特徴です。

2人部屋を選ぶ際は事前にルームメイトはチェックしておきましょう。

週あたりの家賃相場:120ドル〜 190ドル

ドミトリー

ドミトリーは 1つの部屋に 3人以上で住むタイプです。
多いと 16人なんかもあります(笑)

自分のプライベートはほぼありません。
荷物のトラブルにもなる可能性は上がります。

多くの友達ができることや、料金が抑えれることが人気です。
合宿のような楽しさを求める人にはぴったりですね!

週あたりの家賃相場:70ドル〜 110ドル

リビングシェア

オーストラリアのシェアハウス (リビングシェア)

リビングを何人かで部屋としてシェアするタイプです。
私たちのシェアハウスにもリビングで生活してる人がいます。

リビングなので頻繁に人が出入りします。
当たり前ですがプライベートはゼロです(笑)

ですが、コストはかなり抑えれます。
他人が気にならない人にはもってこいですね!

週あたりの家賃相場:70ドル〜 100ドル

ベランダシェア

衝撃ですがベランダで生活するタイプです(笑)
他にも庭でテントで生活するタイプもあります。

コストは破格ですがトリッキーすぎますねw
人と変わった生活がしたい人にはおすすめです(笑)

週あたりの家賃相場:不明(笑)

オーストラリアのシェア ハウスで使う専門用語

Rent (レント)

家賃です。
オーストラリアでは基本的に週払いです。

Bond (ボンド)

保証金のことです。基本的には 2週間分の家賃を払います。
部屋を出る時に何も問題がなければ返金されます。

家具に傷を付けたりした場合ボンドから支払われます。

Bill (ビル)

水道代や電気代のことです。ほとんどの場合家賃に含まれています。

たまにそうでない家もあるので確認しておいてください。

Furnished (ファーニッシュド)

家具の有無を表します。
中には家具が付いていない家もあります。

その場合はUnfurnished (アンファーニッシュド)と表記されてます。

Inspection (インスペクション)

事前訪問のことです。
この時に部屋の雰囲気や破損してる場所など点検してください。

他にもシェアハウスのルールやルームメイトを確認することをおすすめします。

オーストラリアでシェア ハウスの探し方

オーストラリアでシェアハウスを探す方法は 3つあります。

  • ホームページ
  • 友人伝い
  • スーパーや学校などの掲示板

ひとつずつ見ていきましょう!

ホームページ

これが一番スタンダードで簡単です。
いくつかサイトがあるので、自分の希望に合った部屋を探しましょう。

オーストラリア用の英語のサイトと
日本語の日本人用があります。

ですが、日本人用のサイトの方が件数が少ないですね。
自分の条件に合った家を探したいなら英語のサイトに挑戦しましょう!

以下は主なオーストラリアのホームページです。

ちなみに私たちのおすすめはGumtreeですね!
家だけでなく、車や家具も販売してます。

友人の紹介

先にオーストラリアで生活している友達に紹介してもらう方法です。
ファームでできた友達でもありですね。

ネットより信頼があるのでおすすめです。

スーパーや学校などの掲示板

掲示板に張り紙されてることもあります。
気になった広告があれば問い合わせてみましょう!

インスペはオーストラリアのシェア ハウスを決める上でとても重要!

部屋を事前に訪問してチェックすることをインスペクションと言います。

この時にしっかりチェックしてください。
住み始めた後にトラブルが起こりやすくなります。

主なチェック事項は以下の通り。

  1. 家賃に含まれるもの
  2. 家や部屋の清潔度
  3. ルームメイトの確認
  4. シェアハウスのルール
  5. 家賃や支払い期日・支払い方法
  6. シェアハウス周辺の設備・立地
  7. シェアハウスで共有できるもの
  8. シェアハウスの鍵はもらえるか
  9. 撤去日は何週間前に報告する必要があるか

ひとつずつ見ていきます。

家賃に含まれるもの

水道代・電気代や家賃に含まれてる家の物を確認しておきましょう。
調味料や洗剤、トイレットペーパーなどは実費のところもあります。

私たちのシェアハウスはトイレットペパーや調味調は家賃には含まれていません。

建物や部屋の清潔度

中にはとても汚い家もあります。
家賃や立地としっかり比較してください。

ルームメイトの確認

住人と相性が悪いと生活は最悪になります。

特に他国の人の国民性などもしっかり調べましょう。
そうすることでトラブルを事前に避けれます。

私たちの経験上ですが、他国 (ヨーロッパやマレーシア、台湾など) の人は私物をシェアする文化があります。
自分が作った料理や買ったコーラを気軽にくれたりする反面、自分の買った食材やコーラを勝手に使ったりします。

日本人のよくあるトラブルのひとつです。

シェア ハウスのルール

門限や友達を家に誘っても良いかなどですね。

私たちのオーストラリア初のシェアハウスは門限 20時でした(笑)

家賃や支払い期日・支払い方法

家賃の支払い期日や支払い方法を確認しておきましょう。
だいたいは週払いの振り込みです。

ちなみに私たちの場合は週払いのキャッシュです。

シェア ハウス周辺の設備・立地

家の周囲に何があるかはチェックしておきましょう。
スーパーやマーケットがあるとGOODです。

シェア ハウス内で共有できるもの

家で使って良い物・いけない物をチェックしておきましょう。

洗濯機や冷蔵庫など。。。

シェア ハウスの鍵はもらえるか

中には鍵がもらえない家もあります。
その場合ルームメイトに生活を合わせなくてはいけません。

撤去日は何週間前に報告する必要があるか

だいたいは 2週間前です。
私たちのシェアハウスもそうです。

それ以降だとボンドが返ってこなかったりします。

オーストラリアのシェア ハウス【日本人 以外の人との接し方】

日本人なら常識や国民性が近いのでトラブルになりにくいですね。
ですがそうでない国の人との場合は違います。

シェア文化がある国の人の場合、勝手に自分の食材や物を取ってしまうトラブルは多々あります。
私たちがそうでした。

その辺は覚悟が必要です。
もちろん同じ日本人同士でもトラブルはあります。

以下に私たちが合った日本人じゃない人とのトラブルを書いておきますので、参考にどうぞ。

  • 人の物を勝手に使う・食べる
  • 使った後の食器を自分で洗わない
  • ゴミや食器を 1週間くらい放置
  • 音楽の騒音や大声電話
  • シャワールームに 30分こもる
  • トイレに 30分以上こもりケータイいじる
  • シャワーを3日以上浴びない体臭
  • 食材をそのまま放置するから虫がわく

もし上記の事柄が嫌な人は、日本人オンリーのシェアハウスを選びましょう。

オーストラリアのシェア ハウスの 5つのメリット

オーストラリアのシェアハウス

シェアハウスを利用するメリット 4つです。

  1. 生活の節約になる
  2. 安心感がある
  3. 友達ができる
  4. 家具が最初から揃っている
  5. 英語の上達になる

ひとつずつ見ていきましょう!

生活の節約になる

生活費を特に圧迫する家賃が節約できます。
物価が高いオーストラリアでは大切なことですね!

安心感がある

家には常に誰かがいるので安心ですね。
オーストラリアと言えど強盗もあるので。

友達ができる

海外の友達ができます。
気が合えば一生の友達になれますしね!

家具が最初から揃っている

1から家具を揃えなくても大丈夫です。
出費を節約できますね。

英語の上達

ルームメイトが外国の人なら英語の上達になります。
私たちはそれで英語を勉強しました!

オーストラリアのシェア ハウスの 3つのデメリット

続いてデメリットを 3つ紹介します。

  1. 共同生活で気を遣う
  2. 1人の時間がない
  3. 荷物の紛失などトラブルに会いやすい

共同生活で気を遣う

もちろんですが気を使います。
相手の生活習慣に合わせたり、共同生活するので。

苦手な人はオウンルームを選びましょう!

1人の時間がない

シェアルームなら 1人の時間はありません。
オウンルームでも常に誰かが家にいるので気は休まらないかもです。

荷物の紛失などトラブルに会いやすい

よくあるトラブルと言えばトラブルです。
ルームメイトに自分の私物を盗られたりします。

食べ物ならまだ許せますが、金銭類なら大問題です。
それが嫌な人はオウンルームにしましょう!

オーストラリアでシェアハウスに住むまでの流れ

ざっくりですが、シェアハウス生活が始まるまでの手続きの流れを説明しておきます。

  1. 自分の部屋の条件を決める
  2. シェアハウスを探す
  3. インスペクション
  4. 決める!

簡単ですよね(笑)

自分の部屋の条件を決める

  • 家賃
  • 立地
  • 入居日
  • ルームタイプ
  • ルームメイトの条件

ざっくりこれらを決めます。

シェア ハウスを探す

次に上記で紹介した方法で希望通りのシェアハウスを探します。

100%ぴったりは無いと思います。
ですが、寝るところなのでなるべく妥協せずに探しましょう。

インスペクション

家を見つけたら見学のアポを取ってインスペしましょう。

1人より友達と行くことをおすすめします。
その方がより多くの情報を得れます。

決める!

自分の中で OKならオーナーに連絡を入れ入居日を決めましょう。

楽しいシェアハウス生活のスタートです!

楽しいオーストラリアのシェア ハウス生活を!

本日はオーストラリアのシェアハウスの探し方や注意点を紹介しました。

みなさんも楽しいオーストラリア生活を送ってくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

おわり