【オーストラリア 一周】ロードトリップにおすすめの車種と車の選び方

みなさんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

本日はオーストラリア一周に使う車の選び方とおすすめ車種を紹介します!

 
Jony
車はオーストラリア一周の大切な相棒になるからしっかり選ばないとな!
 
Ai
ロードトリップに適してない車を選んだら後で失敗するもんね!

私たちは 4ヶ月かけて車でオーストラリアを一周しました。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでの車の購入方法を紹介します。 本記事を読めば車の購入で失敗することはないでしょう! この記事を読んでくれている人は オーストラリア[…]

その時に出会った人たちが利用していた車や、もっとも見た車種、私たちの経験を元に紹介していきます!

本記事は 2分ほどで読むことができます。
最後までご覧いただきありがとうございます!

関連記事

みなさんこんにちは。 本日はオーストラリアの国際免許証についてのお話しです。 読者の悩み 国際免許証って作っておいた方が良いの?オーストラリアでは日本の免許証でも良いって聞いたけど実際はどうなの? […]

オーストラリア 一周の車の選び方

まずはどんな車がオーストラリア一周に適しているかを知る必要があります。
これを知っているとラウンド中の失敗を減らせます。

オーストラリア一周に適した車は以下の通り。

  • 4WD
  • 走行距離は 200,000キロ
  • 6〜8人乗り
  • 燃費が悪くない
  • クーラーの有無

ひとつずつ解説していきます!

4WD(四駆)

オーストラリア一周の車

車は 4WDであった方が良いですね。

4WDとは 4つのタイヤ全てが動いてることで、普通の車は 2WDなのでそれに比べると馬力があり、砂浜や地面が悪いところも走れます。

  • 4WD (4 wheel drive)
  • AWD (All wheel drive)
  • 四駆

とも言われてますね。

オーストラリアには四駆じゃないと行けないところもあります。
そう言うスポットに限って絶景だったりするんです。

行けるところ行けないところを気にせず自由にロードトリップするならぜひ四駆を購入しておきましょう。

走行距離 目安は20万キロ

車を購入する際、注意すべきは年式と走行距離です。

オーストラリアには日本で廃車も同然になった車をたくさん輸入して乗られています。

ですので走行距離が10万キロを超えているのは当たり前です。
10万キロなんか若い方です。

理由は以下の通り。

  • 後で売れるから
  • 壊れにくいから

後で売れる

後で売って出費を抑えるためです。
30万キロ未満で状態が良い車は絶対売れます。

走行距離の目安 売り買い価格

  • 10万キロ:5,000〜10,000ドル (35万〜70万円)
  • 20万キロ:3,500〜7,000ドル (23万〜50万円)
  • 30万キロ:1,000〜4,000ドル (7万〜28万円)

オーストラリア一周をフルでするとだいた 2万3,000キロはいくので(私たちの経験)それを足しても30万キロ未満に収まるかがカギです。

壊れにくい

そしてもうひとつの理由は単純に壊れにくいです。

走行距離が多いと言うことはそれだけ走っていると言うことなのでおのずと壊れる可能性も増えます。

消耗品なので当たり前ですね。

車を購入する時はなるべく若い物を選びましょう。
とは言え若ければそれだけ購入時の値段は上がりますが。

6〜8人乗り

車はなるべく 6〜8人乗りを選びましょう。

理由は以下の通り。

  • 荷物がたくさん運べる
  • 車中泊できる
  • 大きいと頼りがいがある
  • ファームで活躍する
  • 売るときに高く売れる

良いとこ尽くしに見えますが、大きい車は購入価格が高かったり、燃費が悪かったりするのでその辺はお財布と相談してください。

燃費が悪くない

私たちは車に関して素人なので燃費の数値などは全く分かりません。
もしあなたが詳しいならなるべく燃費が良い車を選んでください。

オーストラリアは日本の 20倍です。
一周するとかなりのガソリン代になりました。

詳しくはこちらの車でオーストラリア一周の費用・距離・期間をご覧ください。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回は私たちが行った車でオーストラリア一周(ラウンド)にかかった費用、距離、期間を紹介します。 Jony オーストラリアを一周するのにどれくらいの日数が[…]

クーラー完備

ここは好みです。

車で走ってる時は窓を全開にすれば気持ちいい風が入ってきます。

問題は虫です。
ハエですね。

走行中は入ってきませんが、車のスピードが遅かったり停車するととんでもない量のハエが入ってきます。

そうならないためにも窓を開けるわけにはいかないんですね。

なので停車中や低速の時は窓を閉めてクーラーをつけないと熱中症か脱水症状になってしまいます。

私たちの車はクーラーが無かったので窓を閉めてましたが地獄でしたね。

オーストラリア 一周におすすめの車種

それではオーストラリア一周でおすすめの車種を紹介します。
とは言え基本的には VANをおすすめします。

  1. VAN
  2. SUV
  3. セダン
  4. キャンピングカー・トレーラー

VAN (バン)

オーストラリア一周 バンライフ
↑私たちの相棒

ザ・ロードトリップ、車中泊と言えば VANです。
バンライフと言われるくらい便利です。

オーストラリア一周をするなら基本的に VANが良いですよね。

私たちはオーストラリア一周中はバンライフをしてました。

VANって旅の車って感じですし、車内を改造すれば Instagramで見るような車中泊ができます。

ロードトリップの憧れでもあります。
予算があるなら VAN一択ですね!

メリット

  • テント泊 OK
  • 車中泊 OK
  • バンライフが体験できる
  • 荷物がたくさん運べる
  • 高く売れる
  • ファームで稼げる
  • 写真映えする
  • 車内が広いと酔いにくい
  • 車体が大きいと気持ち襲われにくい

デメリット

  • 購入額が高い
  • 燃費が悪い
  • ペーパードライバーには運転が難しい(でかい)
  • 駐車スペースが限られる

車体がでかいので運転の経験がない人には難しいとされますが、オーストラリアの道路と駐車スペースはある程度は広いので、逆に良い練習になると思います。

コストが高いのは事実です。

私たちは 2,700ドル(19万円)と VANにしてはかなり破格で購入しました。
ですが、代償は以下の通り。

  • 30年型落ち(すぐ壊れる)
  • 燃費が最悪
  • 修理の部品がこの世にもう無い

安い車はやっぱりすぐ壊れますし燃費も最悪です。

結果、修理代やガソリン代がめちゃくちゃかかるので VANは最低でも 5,000ドル(35万円)は出しておいた方が良いです。

※ちなみに私たちの VANの修理費は現段階で 4,000ドル(28万円)です。
計 7,000ドル(50万円)くらいになってます。笑

 
まあ 30年前の幻の車が走ってるってことでマニアの人は興奮してたがな!笑
 
めちゃくちゃ壊れるけどそれで愛着沸いたよね!
車の修理の知識も増えて、今もずっと乗ってるね♪
関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでの車の購入方法を紹介します。 本記事を読めば車の購入で失敗することはないでしょう! この記事を読んでくれている人は オーストラリア[…]

SUV (エス・ユー・ブイ)

次におすすめなのは SUVですね。
犬のダックスフンドみたいな細長い車です。

VANほど大きくはありませんが、セダンよりも車内が広いので荷物も運べますし、車中泊もできます。

VANは買えないけど車中泊をしたいならおすすめですね!

メリット

  • たくさんの荷物を運べる
  • VANより燃費が良い物が多い
  • 初心者でも運転しやすい
  • 車中泊 OK
  • ファームでも活躍する

デメリット

  • 車中泊にはやや狭い
  • 車体が低いので酔うかもしれない

特に目立ったデメリットはありません。
ロードトリップにも普段乗りにもファームにも安定した車だと思います。

SUVは車体が低く酔いやすいので 4WDにした方が良いかなと思います。

あと個人の意見ですがあまりかっこよくないです。笑

セダン

ひとり旅ならセダンでも良いかもです。
荷物をトランクに入れれば車中泊もできます。

車体も軽いので燃費もそこまで悪くないと思います。

ただ、3人〜5人でラウンドするなら絶対やめた方がいいです。

狭い・荷物も運べない・テント泊確定ですからね。

メリット

  • ひとり旅におすすめ
  • 燃費が良い
  • 小回りが利く
  • ペーパードライバーでも大丈夫
  • 購入価格が比較的安い

デメリット

  • 馬力がない
  • 荷物をあまり運べない
  • あまり高く売れない
  • 狭い

あまりロードトリップには向きません。

セダンはだいたい 1,500〜4,000ドル(10万〜28万円)が相場ですが、売るときもあまり高く売れません。

第一あまり格好良く無いですからね。笑

キャンピングカー・トレーラー

オーストラリア一周でも結構な数見たのがキャンピングトレーラーです。

主にヨーロッパの人などが利用していた印象ですね。

私たちは使ったことが無いので深掘りはできませんが、使っていた人からの意見です。

メリット

  • 車内に全て揃っている
  • 日本では味わえない経験ができる
  • レンタカーなのでサポート体制がある
  • 購入する必要がないので後が楽

デメリット

  • レンタル代が高い
  • 運転が難しい(大きい)
  • 電源の充電がいるのでお金がかかる
  • 駐車が難しい
  • 排泄物の処理が大変

そもそもレンタル代が高いですね。

電気の充電もしなければいけないのでキャラバンパークを利用する機会が増えるところを見ると宿泊費もかさみます。

さらに車内のトイレを使うと排泄物の処理は自分で行わなくてはいけません。

公園やキャラバンパークに排泄物を処理する「ダンプポイント」があってそこに溜まった排泄物を捨てに行き、ホースで掃除しなくてはいけません。

正直あまりおすすめしないですね。
一応ラウンド中によく見たレンタカー会社を下に貼っておきます。

→ apollo rental cars

→ jucy rental car

オーストラリアで車を購入する方法

オーストラリアで車を購入する方法はいくつかあります。

  • ネットで探す
  • 店頭で購入する
  • 路上のプライベート販売
  • バイヤーから買う
  • 友達から買う

一番おすすめなのはネットで探す方法です。
幅広い車種や値段で探せるので希望の車が見つかりやすいです。

店頭やバイヤーから買う場合は信頼性が高いので安心ですね。
ただちょっと高いですが。

たまに路上に “For Sale”と書かれた看板が置いてる車があります。
気に入った車があればオーナーに話を聞きしょう。

一番信頼があって安定してるのは友達から買う方法ですね。
日本に帰る人やファームの友達が売っていたら話を聞きましょう!

詳しくは以下の記事で紹介してるのでご覧ください。

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 今回はオーストラリアでの車の購入方法を紹介します。 本記事を読めば車の購入で失敗することはないでしょう! この記事を読んでくれている人は オーストラリア[…]

オーストラリア 一周の持ち物

オーストラリア一周をするなら持ち物は重要です。
一歩間違えれば危険な状態にもなるのがロードトリップです。

オーストラリア一周の持ち物はロードトリップのスタイルにもよりますが、だいたいの荷物は以下の通りです。

  • 衣類
  • 水タンク( 5Lくらい)
  • 自炊用具
  • ガスコンロ・ボンベ
  • 虫除けスプレー
  • 水着
  • カメラ
  • 懐中電灯

もちろんまだまだいるものもありますが最低限です。
色々買い揃えても 200ドル(1万5,000円)いかなかったりするのでしっかり準備しましょ。

詳しくは以下をご覧ください。

関連記事

みなさんこんにちは! JonyとAi(@10to1_travel)です。 読者の悩み オーストラリア一周をしたいけど何から準備すれば良い? 予算はどれくらいあれば良い? 今回は私たちが実際に行ったオーストラリア一周(ラウン[…]

ラウンドの紹介
関連記事

みなさんこんにちは。 本日は私たちがオーストラリア一周・ラウンドで便利だったおすすめのキャンプ用品を 17つ紹介します。 本日紹介する内容 おすすめのキャンプ用品17選無料キャンプ場と便利なアプリ[…]

オーストラリア 一周のおすすめ車 種と選び方 まとめ

本日はオーストラリア一周におすすめの車種と車の選び方を紹介しました。

車はロードトリップをする上で大切な相棒になります。
妥協せずにしっかり選んで、楽しいラウンドを楽しみましょう!

 
最後までご覧いただきありがとうございます!

おわり

関連記事

みなさんこんにちは。 本日は私たちがオーストラリア一周で利用した無料キャンプ場について紹介します! 本記事の内容 私たちがオーストラリア一周で無料キャンプ場を利用し続けた理由オーストラリアの無料キャンプ場[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 ワーホリ中に車でオーストラリア一周して、人生観がすっかり変わった JonyとAi(@10to1_travel)です。   さて、今回はオーストラリアを一周、もしくはロードトリップをしたい人に向けて私たちが実際に行って感[…]