【図解あり】アナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法

 
Ai
今回はブログのアクセス解析に必須の Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法を解説するよー!
こんな人にオススメ!
  • Googleアナリティクスでしっかりアクセス解析したい人
  • クローラーのアクセスを除外したい人
ちゃんと設定しないとアナリティクスの意味無いもんね!

皆さんこんにちは。

JonyとAi(@10to1_travel)です。

Googleアナリティクスはサイトのアクセス解析に欠かせないツールです。でもそこに不要なアクセスを含めてしまうとせっかく使ってる機能も意味がありません。

私たちは長らくクローラー除外の設定を知らず、ずっとクローラーを含めた PV数を見て満足してしまってました(お恥ずかしい。。)

正確なアクセスを把握しないとアクセス戦略も立てれませんね。

そこで今回は Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する設定をご紹介します。

と言っても作業はたったの 5分。簡単にできますよ!

Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法

それでは Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法を順追って解説していきます。

① Googleアナリティクスを開き、「管理」をクリックしてください。

Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法

「ビューの設定」をクリックします。

Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法

「ボットのフィルタリング」「即知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外します」にチェックを入れてください。

④ 最後に「保存」ボタンをクリックして完了です!

Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法

以上で設定は完了です。簡単でしたね!

これで Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外することができます。

アナリティクスでクローラーのアクセスを除外する必要性

とは言え、なぜ Googleアナリティクスでクローラーのアクセスを除外する必要があるのでしょうか?

理由は、クローラーはロボットでありユーザーではないため、アクセスにカウントしても何の指数にもならないからです。

例えば、居酒屋で来客数を毎日計算してるとします。そこに「アルバイトスタッフの出入り」をカウントしてしまうと、正確な来客数が分からずちゃんとした運営ができません。

アナリティクスはサイトへの正確なアクセス数を調べてくれるツール。不正確になる要素は取り除くべきですね。

そもそもクローラーって?

そもそもクローラーって?

ブログ初心者の人は、そもそもクローラーが何かを把握しておく必要があります。

クローラーとは、Googleの検索エンジンに特定の Webサイトの情報を保管するために、巡回してるロボットのことです。

ブログで書いた記事は公開後、すぐに Google検索エンジンに表示されるわけではありません。

記事が Google検索エンジンに登録されることをインデックスと言いますが、まず巡回ロボットがあなたの記事をチェックしてインデックスすべきかどうか判断してから検索エンジンに表示されます。

このロボットがあなたの記事をチェックに来た時のアクセスをカウントしてしまわないよう今回の設定が必要なのです。

Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法:まとめ

今回は Googleアナリティクスからクローラーのアクセスを除外する方法を紹介しました。

アナリティクスを使う以上はしっかりした設定で正確なアクセス解析をしましょう。

私たちが使ってる有料テーマ THE THOR(ザ・トール)なら Googleアナリティクスやサーチコンソールの設定も簡単に行うことができます。ぜひご検討ください♪

関連記事

みなさんこんにちは。 Jonyと Ai(@10to1_travel)です。 ブログを開設したらまずやるべき初期設定はアクセス解析です。ブログを始めたてでもやっぱり自分のブログのアクセス数って気になりますよね。 […]

関連記事

みなさんこんにちは。 JonyとAi(@10to1_travel)です。 自分で書いた記事が検索画面で何位なのか、とても気になりますよね。Googleサーチコンソールはあなたの記事の検索順を調べてくれるブログ運営の必須[…]

関連記事

みなさんこんにちは。 THE THOR(ザ・トール)ユーザーの JonyとAi(@10to1_travel)です。 私たちはまだブログを始めて1年経たないほどの「THE THOR初心者」です。 なぜ権威性も実績も[…]

最後まで読んでいただきありがとうございます。

おわり